具体的で明確な目標の立て方・ちゃんと達成できる目標の立て方

 

管理人の秋元ユキ(@yuki_i_kibun)です。
まずはメルマガにご登録を!


 

前項までにお話した通り、「漠然と物事を考えている状態」では、悩んでいる時間が長くなるばかりで、変化が起こり始めることはありません。

 

ですから、あなたが「望んでいるところ」に向かったり、「本当にやりたいこと」を見つけたりすることができるようになるために、とにかく目標を作成し、予定を立てていくことにしませんか?

 

 

これからお話する「目標の立て方」は、今後も繰り返しあなたが新しいことをおこなっていくための、参考にしていただければうれしく思います。

 

もちろん、あなたのやりやすい方法にアレンジして、ご自由におこなってみてくださいね。

 

具体的で明確な目標の立て方

目標は、漠然としたものに設定してしまうと達成することが難しく、気休めのようになってしまいます。

 

本当に達成したいのであれば、目標は具体的で明確なもので、なおかつあなたが「やりたいこと」にしないと意味がありませんよね。

 

 

だけど、いきなり具体的な目標を立てようとしても、頭の中が整理できていない状態では、うまくいかないと思います。

 

ですからまずは、あなたの頭の中にある「目標にしてみたいこと」を、余すところなく紙に書き出すという作業から始めることをおすすめします。

 

わかっているつもりでも、書き出す作業をしてみないと、自分の頭の中って案外わかっていないものですよ。
できれば定期的に充分な時間をとって、この作業をおこなってみてくださいね。

 

 

それでは、A4サイズ以上の紙を用意して、最初に「目標にしてみたいこと」というふうに書いてください。

 

この作業を始めてみればわかると思うのですが、「目標にしてみたいこと」というのは1つではないはずですので、1つに絞る必要はありません。

 

 

たくさんの目標を設定するとかえって混乱するという意見があるかもしれませんが、目標はたくさん立てて、同時進行しようとしたほうがいいですよ。

 

最終的には優先順位を決めて、Todoリストを作成していきますので、まずは頭の中にあるものを「もうこれ以上はないと思うくらい余すところなく吐き出してみる」という作業をおこなっていきましょう。

 

ここでは何も考えずに、あなたの思うままに書き出してみてください。
書き方としては、次の二つのパターンがおすすめです。

 

1.普段から気になっていること

欲しいもの・こうなったらいいなと思っていること・理想の状態に近づいていくといった状態を書き出していきます。

例えば、こんな感じです。

  • 新しいパソコンを買う
  • 副業でお金を稼ぐ
  • ホームページを作成する

 

2.現在の不安・悩み・不満・問題を解決に導くためのこと

悩みを書き出してから、何を目標にするかを考えてみると、決めやすくなります。

例えば、こんな感じです。

  • 転職先を見つける
  • 痩せてきれいになる
  • 売上を2倍にする

 

あなたの頭の中にあることを全部吐き出して整理するために、たっぷり時間をかけて、思いつく限りすべてを書き出してみてくださいね。
箇条書きでかまいませんが、できればマインドマップで作成するのがおすすめです。

 

<参考書籍リンク>

 

 

この時点で、なかなか書くことができない・・・という場合は、「できるかどうかはわからないけれど、いまできそうなことから書き出してみるしかない」というふうに、思い直してみてください。

 

目標というのは、そもそも暫定的(ざんていてき…確定するまでの間、一時的にそうしておくさま)に決めていくしかないものです。

 

「目標を立てる」というのは、未来が決定するまでの間、一時的に望ましい未来を仮決定し、そこに向かって必要な行動を開始しようとするための行為ですので、未来がその通りになるのかどうかはわからないということが前提になりますし、途中でいくら変更したところで誰も困りません。

 

ですから、「一度決めたことを変更してはならない」という考えは必要ありませんし、むしろ「いくらでも後から変更できる」というふうに理解し、定期的に見直すつもりで、さっさと書いてみてください。

 

書いているうちに、いろいろと連想して考えていくことができると思います。

 

この後、書き出したものに優先順位をつけ、「具体的で明確な」目標に書き換えていく作業をおこないます。

 

 

この書籍がとっても参考になるのでおススメ!
<参考書籍リンク>

 

ちゃんと達成できる目標の立て方

さて、ここからが大切な作業なのですが、気をつけたいのが、理想論を言っても始まらないということです。

 

「〇月までに10万円稼ぐ」とか、「〇日までに5キロ痩せる」といった目標を立てたところで、達成できるのかどうかわからない不安が残るだけですよね。

 

 

だから目標は、「運や他人に頼らず、自分が動きさえすれば達成できる」と思えるような形に、書き換えるようにしましょう。

 

そして、目標達成の期限は書かないでください。

 

期限を書くのではなく、「できる限り早く」というスピード感を書いたり、「毎日」「週1回」などのノルマをつけ足して、あなたが行動できるためのものを設定するのです。

 

  • 毎月2万円貯めて新しいパソコンを購入する
  • 副業で5万円稼げる方法を勉強して習得する
  • できる限り早くホームページを作成する
  • 週1回以上面接を受けて転職先を見つける
  • できるだけ早く〇キロまで痩せる
  • 毎日〇〇を試して売上2倍にする方法を見つける

 

この段階で、現実的ではないと思える目標や、改めて考えると必要ではなさそうな目標は、外してください。
そして、優先順位が高い順(あなたが早く着手できそうな順)に、番号をつけてみてください。

 

優先順位の高い3つから4つのことを、これから同時に進行していくと決めてみましょう。

 

それ以外の目標は、後に実行するつもりで頭に置いておき、時間のあるときに知識や情報を仕入れていこうとするのがおすすめです。

 

 

紙に書かれたものを眺めてみると、あなたがこれまで考えていたこととは違う行動が必要だとわかったり、急いでやるべき順番が逆だと気づいたりすることができると思います。

 

書き出した紙や目標は壁に貼って、朝起きたときや出かける前に眺めるようにするのがおすすめです。

 

<参考サイトリンク>

 

 

具体的で明確な当面の目標が完成したら、Todoリストを作成し、スケジュールに落とし込んでいきます。

 

次項で、詳しく説明していきますね。

― まとめ ―

●まずは「目標にしてみたいこと」を、思うままに余すところなく紙に書き出すという作業をしてみましょう。
●書き出したものを、「具体的で明確な」目標に書き換えていく作業をします。この時、「運や他人に頼らず、自分が動きさえすれば達成できる」と思えるような形に書き換え、目標達成の期限は書かないでください。
●優先順位の高い3つから4つのことを、これから同時に進行していくと決めるのがおすすめです。

 

おすすめのTodoリストの作り方・目標を達成できるまでやる秘訣


コメントを書く
早わかりガイドメニュー


人生が辛い・毎日が辛いと悩んだ時は、いい気分ドットコムにご相談を。

知りたかった答えが、きっと見つかる。


管理人秋元ユキについて
いい気分ドットコムの書籍

管理人の著書

Kindle本

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
あなたが「いい気分」になれないとき、もっと「いい気分」になりたいと思うときには、ぜひ、このホームページを思い出してください。

全メニューの一覧へ