「自分の地図」を修正する

あなたの頭の中には、あなたのつくった地図がある。

その地図の完成を求めて、あなたは旅を続けていると考えてみて欲しい。

 

いまのその地図は、未完成にありながら、あなたが一からつくりあげてきたものである。

人生の旅の中、あなたの考えの及ばぬところが出てくるのであれば、その地図を改善できそうな情報を、手に入れなければならない。

 

スポンサーリンク

「自分の求める地図」とは、どのようなものか。

あなたがいま、「未完成の地図を持っている」と理解していれば、「この地図の間違えているところを知りたい」と望み、その地図を変化させていくことを目標にすると思う。

そうして、道が開けていくことが、あなたの楽しみとなるのである。

 

「いまの地図の、どこが修正可能なのか?」ということを求めて、あなたは、旅を続けていくだろう。

だが、その「未完成の地図」を、まるで完成形のように考えてしまっていたならば、「この世界は、なんと不可解なのだ!」と嘆くばかりになってしまう。

 

壁にぶつかり、出口のない場所に何度も突進してしまうような地図のままでは、「楽しくない」と感じていくだろう。

あなたの地図がそこで完成だと判断してしまえば、あなたにとって、その地図が「自分の世界の限界」になるのだということ。

だから、「未完成の地図」を眺めているばかりにならぬよう、「自分の求める地図」を追うようにして欲しい。

 

すべての人が、あなたとは異なる地図を持っている。

あなたが「自分の地図の、どの部分を修正するべきか」という情報を得たいと考え、それを理解できていそうな人に情報を求めれば、必ずヒントを得ることができるはず。

但し、あなたは常に「自分の地図の、どの部分を、どのように変更すればよいのか」という答えを得るための情報を探すのでなければ、意味がない。

 

あなたの頭の中にある地図を放り投げて、あなたが「何を手に入れればよいのかわからない」という考えのもとに、他の地図そのもの」を求めていくのであれば、混乱は増す だろう。

いかに「自分の地図」をより良く修正していくのかを探っていこうとしなければ、他人の「未完成の地図」を、覗き見ているだけになってしまう。

だから、「どうやら自分の地図とは違う、前向きな情報がありそうだ」と思えるところから、情報を得ようとすること。

 

あなたの頭の中の地図を、どの時点において、どのように気に入ったものに書き換えるのかを決めるのは、あなたである。

その情報に長けている人を観察し、あなたの頭の中の地図と比較し、「どの部分が異なっているのか」をあなたが理解しなければ、「自分の地図」を修正することはできない。

 

「自分の求める地図」とは、どのようなものか。

まずはそういった、あなたが変化を望んでいるところ を、明らかにすることが大切である。

 

何を求めているのかさえわからずに、ただ「氾濫する情報を得る」というのではいけない。

「情報というものを、いかに利用するのか」と、考えなければならない。
あなたの考えにはない「素晴らしい情報」を、手に入れようとしなければならない。
あなたが安心したいのなら、「安心している者の情報」を、知ろうとしなければならない。

あなたがそういった情報と経験の中、「あなたの答え」を見つけることによって、その地図が完成されていくのである。

 

そういうことが理解できてくれば、あなたの地図は、どんどん便利なものになってくるだろう。

どの場所に、どういったよろこびがあるということが明らかになるし、どの場所に、どういった苦しみがあるのかも明らかになる。

 

そういうことをもっと理解したいと感じ、多くの未開の地へとあなたが足を踏み入れるごとに、その地図が広がっていくことを楽しめるようになってくる。

より良い地図を描くために、あなたにとって必要な情報を取り入れ、旅を続けて欲しいと思う。

 

「優れた情報源はどこにあるのか」という心の目を開いているのなら、その地図に足りない情報を得られる機会はやってくる。

さらに理解を深めるために、次項にも語ろう。