「始めること」を迷わない

計画を立て、何かを開始しようとする前に、私たちはしばしば、そのやる気を一旦鈍らせるように立ち止まり、「始めること」を先延ばしにしようとしてしまう傾向があります。

 

あなたが、何かを開始しようとするときには、他のことをしようとしたり、もたもた準備しようとしたりするのは、やめておきましょう。

本当にやりたいことを「始めること」が、できなくなってしまうからです。

 

スポンサーリンク

始めてから、考えることにしよう。

「始めること」に、準備は、いりません。

あなたがいま、できることを「始めること」自体が準備 なのですから、やるべきことがわかっているのなら、さっさと取り掛かってから考えていくことにしましょう。

 

あなたが、何かを「始めること」を迷っているときには、余計な体力と精神力を使うことになり、あなたの考えが混乱に向かってしまうだけなのだということを、よく覚えておいてください。

 

そもそもあなたは、現在のあなたの状況を、より良いものに変化させていくことを望んで、その物事を「始めよう」とするはずです。

「始めよう」とするときには、そのものについてデータ不足の状況にあるのが当然であり、物事の真髄を見極められるようになるのは、始めてからずっと後の話になるのが普通です。

つまり、「始めること」を迷うということは、現在の未熟な状態で想像を続けようとする不愉快な行為であり、そのような段階でわざわざ遠回りしようとする不可解な行為であるということです。

 

何かを始める前段回の頭の中にある考えなどで、きちんと未来のことを整理できるわけがありません。

「いま、始めてしまうこと」こそが、あなたの「考えを整えることを始める」ということになるのですから、ぐずぐずしている暇はないはずです。

 

あなたが「いまできること」を始めることによって見えてくるものを、見ることにしてください。
「いまできること」を始める  参照)

そうしないうちに考えてしまうことは、あなたの不安を増幅させ、やる気を先延ばし、あるかもしれない不運な出来事を、想像するばかりとなるのです。

 

あなたの計画したことについて、まずは、行動し始めてしまうこと。

例えば、「数分・数時間、取り掛かった後に、他のことを考えてもいい」というルールをつくるなど工夫して、さっさと何らかの作業に取り掛かってしまうのがおすすめです。

取り掛かってしまえば、そのまま時間を忘れて集中できるようにもなりますし、「まずは何も考えずに取り掛かる」という習慣が身についてくるのです。

 

あなたの「目的」に沿った計画を、ただ遂行しようとすること。

行き詰まったときや、休憩しようと思ったときなどに、さっき考えようとしていた他のことを思い出せばいいのです。

気分転換に、掃除や片づけなどをしようとするのもおすすめです。

 

「準備」は計画に入れないようにし、いきなりメインの、面倒臭そうなところに取り掛かってみるクセをつけていきましょう。

後で思い出したいことはメモを取っておき、時間配分を決めて、効率良く計画に取り組んでみてください。

 

「始めること」を始めた後、止まるのはいつでも可能なことです。

あなたが、したくないと判断したことはやめていくことにして、したいことをどんどんおこなっていきましょう。

 

現状の「問題」に気をとられてしまうときには、「問題」があるからこそ、あなたが前に進むべきなのだということを、よく思い出すようにしてください。

次項で詳しく説明していきましょう。