理解できていないまま進む

あなたの進んでいる道は、「進む」というよろこびを伴う道であり、留まることを苦しみとする道である。

そして、あなたが歩く道の途中に何があるかと言えば、そこには「困ったこと」がある。

 

あなたが移動する動機となるのは、「素晴らしい感情」ではない。
あなたにとっての「困ったこと」である。

 

スポンサーリンク

理解を進めるために、動く。

さて、すでに説明したとおり、「困ったこと」というのは、あなたの「敵」ではない。

それは、あなたを移動させようとする、「愛」であると言える。

 

つまり、あなたはまず「困ったこと」を見て、あなたが「動く」ためのきっかけを得るのである。

そして、その「困ったこと」がいますぐ解決されないということを嘆くのをやめて、あなたの望みを知る必要をもっている。

 

そして、それを教えてくれた「愛」の方向を見つめ、あなたが感じていたい「感情」を知るために動くのだ。

あなたは、開けた「大地」の上に立ち、あなたの好みの「感情」を求める動きを選ばなければならない。

 

あなたにとって、どの方向への歩みが、目的に沿うものへの出会いに続くのか。

まずは、そういうことを考えてみて欲しい。

そうすることなく、ただただよろこびを全うする道を歩こうとするなど、不可能であるのは当然。

 

あなたが、ただ「困ったこと」に対処するべく、「困ったこと」をなくすべく人生を浪費することを選び、「いつかたどり着く道」に出会えることを期待して歩いたとしても、そういった道は現れない。

しかしあなたが、少しでもできることを進めようとするとき、つまり「試行錯誤」に踏み出すときに、どの方向が面白そうか・それが自分にとってどういうものであるか・あるいは「この方向ではなさそう」というような、判断材料というものが現れてくる。

つまり、あなたが「動く」ということによって、その方向の如何がはっきりしてくるということである。

 

「自分」という者が進みたい方向を探っているときには、それをまだ「理解できてないまま進む」ということ が必要になる。

あなたにとって、その歩みを進めるということは、あなたが、理解を進めるということである。

 

何を最善とし、何を希望とし、何が自分に必要なのかということは、常に進んだときに見えてくる。

にもかかわらず、そこに立ち止まって「最善の方向とはどちらか」と考えているだけでは、その方向は見えてこない。

 

理解を進めるためには、動く必要がある。

あなたが、進んでいこうとする方向とは、あなたにとって「良さそうである」と感じられる方向。

 

但し、それを、間違えてしまうことを繰り返す兆しは、常に存在する。

多くの原因や条件、そして自分の「本当の気持ち」や、そのとき「必要になっていること」といった複雑に絡んでいる問題が、あなたを迷わせることになるだろう。

 

しかし、あなたがそれらに「迷う」ということを、無駄と考えてはいけない。

たしかに、あなたの周りは開けた「大地」のみなので、そこには不安があるだろう。

だが、あなたが「動く」べき方向について、あなたへのヒントはいつも与えられている。

 

がむしゃらに「うまくいくかどうかわからないこと」を、やってみるというのが、正しいとは言えない。
しかし、あなたがそこに、「愛」の見える方向を探そうとするのであれば、ある程度スムーズに物事は理解できるようになる。

さらに理解を深めるために、次項にも語ろう。