「あなたの悩みについて」の論

あなたの悩みが、どういったことなのかを、考えてみて欲しい。

何を悩んでいるのか、
どうして悩んでいるのか、
なぜそれを悩んでしまうことになったのか。

そういったことを、判断するべき。

 

あなたがたにアドバイスできることは、三つある。

まずは、前提となることを話してみよう。

 

スポンサーリンク

あなたの、真なる「問題」とは。

あなたが悩んでいることを、「悩んでいる」と、自覚しているだろうか?

 

あなたには、必要なことと、必要になっていないことがある。

それから、おこなうべきことと、おこなうべきではないことがある。

それから、できることと、できないことがある。

 

そういったことを、判断するべき。

あなたは、悩みについていろいろなことを考えるのだと思うが、しかし本当に考えるべきはこれらのことで、「必要なこと」と「おこなうべきこと」と「できること」を判断することさえできるようになれば、解決に向かう。

そのように考えることができないのであれば、それ自体が「問題」なのだ。

 

「問題」と判断することがそこにあるとき、必ず、あなたなりの「答え」を出す必要が出てくる。

それから、あなたなりの悩みを感じ、あなたなりに解決法を探るということになっていく。

 

要するに、あなたの悩みは独自なもので、他の誰にも当てはまるものではない。

だから、参考になる意見はあったとしても、あなたが判断を重ねていくしかなくなってくる。

 

そういったときに、このアドバイスは役に立つと思うので、覚えておいて欲しい。

  • 必要なことを判断し、おこなうべきことをおこない、できることを始めること。
  • あなた自身の判断を、重ねていくのだと知ること。
  • あなたが「問題」としていること自体を、見直そうとすること。

本当は、この三つのことさえわかっているなら、進んでいくことができる。

 

ところが、人は「これまでの経験」をもとに物事を考えようとするため、「これまでにない経験」を重ねていくにつれ、判断をすることが非常に難しくなってくる。

そういったことを鑑みて、あなたのヒントとなる知識を得ていくということもまた大切。

 

世の中はそんなふうにできているので、それに逆らって「問題」を消そうとしたり、都合のいいようにおさめようとしたり、自分勝手な振る舞いを続けようとしたりするときには、ますますわけのわからないことになっていく。

そういうことが重なると、元の判断に戻るのがだんだんと難しくなってくるし、「問題がなくなってくれるのが正解」という主張をしようとしたり、「自分のせいではない」という勘違いをしようとしたり、「何もかも放り投げてしまおう」という考えを続けるようになって、手がつけられなくなってくる。

 

あなたがそのようにならないためにも、三つのアドバイスに従って、よく考えてみて欲しい。

「問題」とは、常にあなた独自のものであり、他の誰にも解決することはできない。

そして、あなたの真なる「問題」とは、「正しい判断をすることが、できていない」ということなのだ。

 

それさえ理解することができれば、進むことは可能になる。

さあ、正しい判断をして、進んでいくことにしよう。

タイトルとURLをコピーしました