その場から一歩離れる

「困ったことを考える」というのは、「その場にたたずむ」ということである。

「困っているのだから、動けない」と、あなたは思うのかもしれない。

 

しかし、あなたが「困る」ということを考えていられる「いま現在」とは、それほど困っている事態ではないのである。

 

スポンサーリンク

いま、動かないことには始まらない。

例えば、あなたが「喉が渇いて、死にそう」という状況を例に出すと、その喉の渇きは深刻ではあるけれど、そう考えている「いま」が限界ではない、ということ。

つまり、このまま何も飲めないなら、困る。

 

あなたが「困る」という考えを巡らせているとき、まだ、そこにおいて限界を表すものではない。

あなたが「困る」と言うのは、困る事態になり得る「少し先の未来」を、考えているためだと思う。

 

そうであるなら、あなたは、その場において悩んでいる場合ではないはず。

あなたが困っているのであれば、そこでたたずんでいることを無意味と考え、動くべき。

しかし、多くの人は、よくそこで「たたずんで考える」ということを、繰り返してしまう。

 

なぜ「考える」のかというと、「あなた自身の場所を、変えられない」と思っているため。

つまり、「自分の状況は、変わらない」ことを、信じている。

「状況を変える力は、もっていない」と、信じている。

 

あなたが、「いまとは異なる状況に進んでいく」という気持ちをもたぬまま、「考える」から、そうなるのだ。

その場において、たたずんでいるあなたの「考え」は、未来においてもまだ、「いまと同じ場所にいる」として、困った状態を想像しているのである。

 

しかし、私が言いたいこととは、結局のところ、「いま、動かないことには始まらない」という結論が、あなたを苦しめていくだろうということ。

つまり、一番困るのは、そこにたたずむことを続けるということ である。

 

実際、あなたは、「動かずにいれば、困る」ということに、気づくしかない。

あなたがいま、できることはなにか?

それは、あなたが、その場から一歩離れる、ということ。

 

そして、その一歩を踏み出せるのなら、二歩目も踏み出せると知るべき。

あなたにとって、そこからどこに行くべきかはまだわからずとも、そこを離れるのはわかったと知るべき。

一歩二歩進んだところにあるものを見てみようと考え、その立ち止まった「思考」を動かすべく、違う試みを始めるとき、その「困る」というサイクルを抜けられる。

 

しかし、これまで、そうすることさえ躊躇していたあなたに、突如、すべての答えは現れない。

あなたに言っておきたいことは、あなたの「考え」とは、この段階においてさほど変化を伴うものではない、ということを理解しておくべきということである。

 

「考え」とは、何かの拍子に素晴らしく変化するものではない。

あなたが、歩みを進めるに従い、理解する内容によって、変化するのである。

 

つまり、あなたがその場を移動するのは、「素晴らしい進歩を遂げることを期待するため」ではなく、そこに至るまでの「試行錯誤に踏み出すため」なのである。

さらに理解を深めるために、次項にも語ろう。