「考えてなかったこと」を考える

「困ったこと」で一杯になったときの頭を、スムーズに働かせるために、ある方法を提案する。

 

スムーズに、「困ったこと」を「なくそう」としても、なくならない。

「愛」を見ようにも、そのことに気をとられて、うまくいかない。

ならば、一旦それを自由に考え、あなたの執着を手放す必要をもっているのである。

 

スポンサーリンク

困らないのなら、どうするか。

「困ったこと」にとらわれてしまったときには、あなたの「困ったことが解決すること」を最終的な「目標」として、「現在できることをおこなう」ということを、考えて欲しいと思う。

ここで少し注意するべきこととは、「困ったこと」をなくそうとするべく物事に取りかかるのではなく、あなたがいずれ困らなくなったときに、役立つであろうことを準備し始めるということ。

 

つまり、あなたはいま、困っていないとするのならば、何を始めたいのかと考え進めてみて欲しい。

確かに「困っている」ことは存在するが、それを一旦脇に置いて、「困っていないとするならば」と考えるのである。

 

なぜ、そうするのが必要か?

あなたの「困っていること」が、「愛」とするならば、そこに必ず答えがあるから。

 

何をもってその答えを探すのかはともかく、現在あなたが「困っているがゆえに、できない」と思うことをしようとして苦しむのをやめ、いま「困っていながらも、それとは別の、少し工夫すればできそうなこと」について、考え始めてみて欲しい。

そうすれば、あなたの考えは、いずれにせよ「目標」に向かうものとなり、その「不可能である」という考えを切り離し、さらには、あなたの本当の「望み」を知ることになる。

 

あなたの、本当の「望み」とは何か?

それが何かを理解したいのなら、あなたが「いま、困っていないとして、何をしたいのか」と考えなさい。

 

何もしたくないのなら、しないことが「望み」なのだ。

しかし、いずれにせよ、「目標に向かいつつ、いまおこなえること」というのは、あなたの本当の「望み」を叶える道へと導いてくれる。

 

なぜ「困ったこと」が現れたのか、という理由さえ、あなたがそのように、あなたのできることをおこなえば、見えてくる。

そうすることにより、あなたが得られるものとは、大きなものへと変わっていくのである。

 

まずは、このことを理解するために、あなたがこれまで「考えてなかったこと」を考えてみること。

つまり、困らないのなら、どうするかである。

 

あなたの意に反して現れた「困ったこと」と、あなたが「何を求めているのか」という2つのことは、あなたが思っているよりも親密な関係をもっている。

あなたは、「困ったこと」を放って、異なることを始めていられないと、とらえるかもしれない。

 

しかし、あなたは必ず理解し始める。

その回答を得ようとして、「いま、できることを始める」のが、最も「困ったこと」を解決するにあたる早道になるということを。

 

なぜなら、「困ったこと」が起こった理由とは、あなたのその「困っていないとしたら」ということについて理解させようとする、はからいであると言えるため。

さらに理解を深めるために、次項にも語ろう。

タイトルとURLをコピーしました