「自分の選択」を態度で示す

誰もが、自分の満足を得ることを、望んでいる。

あなたは、自分が最も大切にしたいと感じているところを理解し、自分の満足を得るために動くということをパワーにしなければ、何の楽しみも得られない。

 

たとえ、自分以外の者の幸せを考えようとするときであっても、「自分がその幸せに一役買いたい」と願っているように、あなたの満足とは、必ず自分という者が満たされることなのである。

 

スポンサーリンク

「見ればわかる」その状態を目指すべき。

あなたは、「自分の小さな要求を満たしていく」ということが、できているだろうか。

小さな要求というのは、例えば、
「自分の言うことを聞いて欲しい」とか、
「自分の気持ちをわかって欲しい」とか、
「自分の考えに賛同して欲しい」とか、
「自分が正しいのだと信じたい」というようなこと。

 

あなたが「自分の満足を得る」ということを、きちんと目的にしてみて欲しい。

その満足こそが、あなたにとって必要なことだとして、あなた自身がその気持ちに反するようなことをしていないかどうか、考えてみて欲しい。

自分の「大切な気持ち」を理解して欲しいのであれば、きちんとその目的に沿った行動をとらなければならない。

 

しかし多くの人は、最も理解しやすい行動を起こさず、わざわざ、理解されない行動を起こす傾向にある。

例えば、自分を理解して欲しいのであるにもかかわらず、
「理解してもらうために何かをしよう」と考えない。
「理解など必要ない」という発言を繰り返す。
「理解してくれないのなら、許さない」と拒絶する。
「理解して欲しいのに、してもらえない」と責めるなど。

 

その行動には、いつも同じパターンが隠れている。

自分の「大切な気持ち」を傷つけられまいとして、おこなう行動。
慣れた発言や行動パターンによって、うまくいかないと感じていること。

そういった、あなたのパターンというものが、自分の大切にしたい気持ちを失う原因になってはいないだろうか?

あなたの「大切な気持ち」が、大切にされることが目的であるのなら、なぜそのような行動パターンを繰り返し、自分が最も大切とするところを置き去りにしているのだろう。

 

自分という、大切にしたい者のことを、大切にするための行動というのは、難しい。

なぜなら、すべての者が同じくして、自分を満足させることを考え、そのための案を難しく感じているためである。

 

あなたが自分を理解して欲しいように、相手もまた、あなたに自分を、理解して欲しい。

ならば、どのように考え、どのように理解し合えばよいのだろうか?

 

ただ、その場で状況や相手を責めている限り、あなたという者が、その程度の気持ちの放り投げ方をしているとしか、他人の目には映らない。

そして、あなたの「大切な気持ち」を大切にしようとする心がまえがどれほどのものかということは、常にあなたを見る者に、正確に伝わる。

つまり、あなたの行動や発言の仕方を、ほんの少し工夫することによって、満足のいく結果に変わるわけではないのだ。

 

自分の気持ちを大切にするためには、誰の目にも明らかな「自分の選択」を、示していく必要がある。

あなたが何を大切にしているのかということは、あなたが何を「選択」しているのかを見れば、一目瞭然となる。

 

あなたが納得できていないところに変化を見たいと思うのなら、その場において「納得できないのだ」とアピールするのをやめ、誰が見ても納得できないから変えようとしているとわかるように、動いてみて欲しい。

まさに「見ればわかる」その状態を目指すべきなのだ。

 

その状態をつくるため、あなたがこれから「何をどのようにおこない、発言するのかを考える」という、誰にも邪魔されないことを、始めていくこと。

あなたのその行動によって、あなたを見る者は、あなたのことを、理解することができるようになる。

自分を理解して欲しいのなら、自分が「選択」していくものによって、それを明らかにしなければならない。

 

このように、「自分の選択」を態度で示すことが必要なのだと知れば、最も難しいのは、あなたのパターンを変化させることだとわかってくると思う。

さらに理解を深めるために、次項にも語ろう。