これから理解できること

あなたにとって、理解できないすべてのことをもって生きている理由について、こう話せる。

 

「これから理解できること」とは、あなたが最も「知りたい」と感じて生まれてきたことであり、それを「知りたいと感じて生まれたのだ」と知っておく必要など、ないのである。

なぜなら、そうであるからこそ、そこに導くことが起こり、あなたが「理解したい」という欲求を感じることが、次々と現れるのだから。

 

スポンサーリンク

あなたは、何を望んでいる?

「わからないこと」をわかりたいと考えてもがくのをやめ、少しなりともわかりそうなところ、つまり、あなたが現在の何を、どのように変化させるのを望むのかを明らかにして欲しい。

 

それを明らかにするのが難しいとしても、そこを「わからない」とは、判断しないようにして欲しい。

唯一、理解できる道を、断ってはならない。

 

まず、何を望むのかさえわからないのであるのなら、そこを見極めるのが先決とし、何をどうすることを望むのかということを、しっかり理解しようとすること。

あなたが考えることにおいて、「いつも考えていること」というのを見出して欲しい。

そこには、重要なヒントがある。

 

いつも悩んでいること・いつも困っていること・「これさえなければ」と思うこと。

そのことを考えてみると、あなたにとっての「嫌なこと」が何であるのかは、わかるはず。

 

しかし、あなたの「嫌なことをなくすのを望んでいるのだ」と考えるには、早計なところをもっている。

 

つまり、望んでいること」は確かにその反対側に位置しているけれど、それを「なくそうとする」ことを目的とするのは、的外れということになる。

なぜなら、あなたができることとは必ず、「なくそうとする」ことでなく、あなたが「進もうとする」ということでしかないため。

 

あなたにとって、「嫌なことをなくそう」とすることの重要性をもっているのが大半である限り、それをなくして進むことは、難しい。

何をもってその「障害」について、不要なものとするのだろう。

あなたがどうしたいがために、その「障害」を乗り越えたいとするのだろう?

 

あなたの望みを明らかにするために、そのような自問を繰り返してみて欲しい。

そうはいっても難しいと思うのなら、それこそ、あなたが「考える機会」を与えられるがごとく存在する「障害」と考え、あなたの考えを整えるにふさわしい「教え」をもらっているのだと、とらえてみるべき。

 

「そうでなかったなら、あなたが気づくことのなかった答え」を生むにふさわしい出来事が、あなたには起こる。

 

それが、あなたにとっての「困ったこと」である。

さらに理解を深めるために、次項にも語ろう。

タイトルとURLをコピーしました