なんだかやる気がでない?カレンダーを変えてみよう!


あなたのおうちにあるカレンダーは、どんなカレンダー?

シンプルな卓上カレンダー?
それとも、美しい景色の写真がついた壁掛けカレンダーでしょうか?

デジタルカレンダーも、便利でいいですよね。

 

だけど、今回私がおすすめしたいのは、

12ヶ月全表示されている、プランニングカレンダーです。

 

スポンサーリンク

12ヶ月表示カレンダーで発想を変えよう

―――そう。おすすめなのは、
1月から12月まで、ずらずらっとぜ~んぶ一覧で見渡すことができる、壁掛けカレンダー!

例えば、こういう感じ↓

 

壁掛 プランニングカレンダー

 

高橋カレンダー 壁掛けA2変型

 

このカレンダー、なんだかワクワクしませんか?

12ヶ月表示のカレンダーがおすすめな理由は、1年が、12ヶ月だからです。

・・・あたりまえですね。。。

あたりまえなのですが、本当は12ヶ月あるものを1ヶ月ずつ見ていますと、「1ヶ月」という単位を最大としてしか、時間を管理しなくなってしまうからです。

 

多くの人は、カレンダーを見るときに、「時間は有限」ということを考えていません。

それよりも、当面のことを考えるときなんかに、カレンダーが必要になりますよね。

 

カレンダーを見た後には、カレンダーのことなんて忘れ去り、「なんだかやる気がでないなぁ」なんて考えていることがあるかもしれません。

それは、1日単位・1ヶ月単位のカレンダーを眺め、「次の月になればめくる」ということを、ただ繰り返しているからではないでしょうか。

 

ところが、12ヶ月表示のカレンダーを毎日眺めるようになると、その感覚が変わり始めます。

「いまは、1月だからまだ前半か。今年は何をしようかな?」
「もう3ヶ月が過ぎた。もう少し何か変化を起こしたいな。」
「1年の後半に差し掛かった。やり残してることはないだろうか。」

 

・・・カレンダーを変えるだけで、こ~んな発想になってくるのです。

 

私は、トイレに座ったときに見える正面の壁に、この12ヶ月表示のカレンダーを貼っています(笑)

このカレンダーには、少しですが書き込みできるスペースもあるので、フリクションスタンプなどを利用しながら、1年のうちにどんなことがあったのかをせっせと記録しています。

 

・・・え?カレンダーって、予定を書き込むものでしょ・・・
それに、プランニングカレンダーって言わなかったっけ?

と言われてしまいそうですが、、、

―――いいえ!

 

もちろん、はっきりしている予定は書き込みますし、計画を作成して別の紙に書き出したりもしていますが、「計画したことを、計画どおりの日時に実行する」ということはあまり重要ではないと思うので、カレンダーには書き込みません。

カレンダーやスケジュール帳には、どうなるかわからないプランを書き込むのではなく、「自分が実際におこなったこと」を記録していったほうが、はるかに楽しく、後々まで役立つツールになってしまうのです。

 

だって、「自分が今年どんなことをしたのか」ということが、12ヶ月分書き込まれたカレンダーが、毎年年末に完成するんですよ!

これは、モチベーションが上がるに決まっているじゃないですか♪

 

この12ヶ月表示のカレンダーが数年分たまっていきますと、これまた充実感が増していき、「前回アレをやったのはいつだったかな?」と思ったときにはすぐに数枚のカレンダーをめくって、確認できるようになってしまうのです。

グーグルカレンダーで検索するよりも早く、とっても便利なのです!

 

カレンダー1つで、毎日が、ぐんと楽しくなりますよ。

あなたもぜひ、12ヶ月表示のカレンダーを1日数回、眺めてみてください。

 
タイトルとURLをコピーしました