そのちっぽけな要求を呑む

あなたは、自分の「大切な気持ち」という言葉を聞いて、どのようなことを思い浮かべるだろうか。

あなたにとって、理想的な、崇高な精神という考えのもとに、その気持ちを想像しているのではないだろうか?

 

ところが、実際にあるあなたの「大切な気持ち」というのは、そのように、素晴らしい精神の元に存在しているようなものではないのである

 

スポンサーリンク

誰にわからなくとも、自分には必要なこと。

すでにお話したように、あなたの大切なもの・大切な気持ちというのは、あたりまえにそこにあるときには気づくことなく、それが失われるときに苦しいと感じる。

実のところ、あなたが失って苦しんでいる「大切な気持ち」というのは、あなたにとって、「自分はどうしてそんなことが大切なのだろう?」と思うようなことではないだろうか。

 

例えば、
「自分のことをわかってもらうこと」であったり、
「自分が考えたことをもっと認めてもらうこと」であったり、
「自分のことを褒めてもらうこと」であったり、
「自分のことが嫌いになりたくない」ということであったりするのではないだろうか。

そんなことが自分にとって、とても「大切な気持ち」なのだということを認め、自分がそれを尊重しようとしてはいけないのかもしれないと、考えるようなことではないだろうか?

 

あなたは、この話に反発したくなるだろうか。

あなたの「大切な気持ち」とは、もっと崇高な、非の打ち所のない気持ちのはずだと、思うだろうか?

 

しかし、あなた自身が不思議にさえ思うようなことに、あなたはこだわっている。

あなたが望んでいるのは、自分の中にある、そんな「つまらない気持ち」を、満足させることなのだ。

 

その「つまらない気持ち」のことを、「大切な気持ち」と呼んでいるのである。

 

自分の「大切な気持ちに気づく」ということは、あなたが、そのちっぽけな要求を呑んでやりたいのだ ということに気づくということ。

自分の大切にしているのが、実はそんなふうに、他人にとってつまらないものであったとして、あなたはその「大切な気持ち」を変化させることができない。

 

「大切な気持ち」とは、あなたがそこにあって欲しいと希望するのかどうかにかかわらず、すでにそこにある。

だから、その気持ちを大切にすることから、始めるしかないのだということ。

あなたが、その「大切な気持ち」を大切にし始めるなら、「他にも大切にしたいこと」は、増えていくようになると思う。

 

「この、つまらない気持ちを満足させたい」と考えてあなたがおこなうことを、邪魔することは誰にもできない。

あなたが、あなたのため、あなたのよかれとする気持ちに沿って動くことを、邪魔する者などいない。

 

ただ、誰かの「つまらない気持ち」を奪おうとするのなら、邪魔が入る。

他の人があなたに敵対する理由があるとすれば、
自分のつまらない気持ちを大切にできなくなると考えるときなのである。

 

どうして人と人とがぶつかるのかというと、それぞれに、自分の「つまらない気持ち」を大切として、相手の大切な「つまらない気持ち」を責めるからではないだろうか。

つまり、あなたが理解するべきこととは、人が自分と同じく「つまらない気持ち」を大切にしていることを知り、自分は、自分の「つまらない気持ち」を大切にしようとするということ。

そういうことがわかってくれば、自分の「大切な気持ち」に沿うということを、「崇高な目的」にすりかえることなく、「誰にわからなくとも、自分には必要」と考えることができる。

 

あなたがその気持ちを大切にしてやらなければ、誰もあなたを満足させることはできない。

だから、きちんとその気持ちを満足させる方法を、考えてみようとして欲しい。

 

あなたが本当に大切にしたい、自分のちっぽけな要求を大切にしようとし、あなた自身の選択を、態度で示して欲しいと思う。

さらに理解を深めるために、次項にも語ろう。