「助けるほうの自分」になること

あなたが、本当に望んでいる方向に進んでいくために、「自分自身にお願いしたいこと」は、何ですか?

 

あなたが「自分」にお願いするべきことは、「もっと、がんばって欲しい」ということではなく、あなたが真の望みに向かえるようになるために、「力になって欲しい」ということです。

「私と一緒になってつらいと感じたり、怖がったり、不安を与えたりするのではなく、助けて欲しいのだ」と、お願いしてみてください。


さて、あなたがそれを「自分」にお願いしたからには、次にあなたがするべきことは、「助けるほうの自分」になるということです。

 

スポンサーリンク

「自分」のために、できること。

いま、あなたの目の前に、あなた自身がいるのだと、想像してみてください。

あなたは、あなた自身に、どのような声をかけたいと思うでしょうか。

 

あなたは、あなた自身がこれまで、どのように思い、過ごしてきたかということをすべて理解している、唯一の人間です。

まずは、現在の状況がどうであれ、あなた自身が、とてもよくがんばってきたのだということに、気づいてあげてください。

 

そのように、「いい気分」になれないことを抱えている自分は、「困った者」でも、「ダメな者」でもなく、あなたにとってはただ、「かわいそう」であるはず。

あなたは、「助けるほうの自分」となって、あなたにできる、精一杯のことをしてあげることにしましょう。

 

あなたはこれから、あなた自身の真の望みについて、自分自身にきちんと理解してもらい、できる限りスムーズに幸せやよろこびを感じる道へと進んでもらう必要があります。

「私は、どんなことがあっても、私自身を助ける。」と、心に決めてあげてください。

「私」がどれほどつらくても、怖くても、最後には救ってあげる人であるのが、あなたです。

 

さて、これからあなたは、自分を救うために、変化を起こそうとしなければなりません。

あなたが、本当に起こすべきである「なんらかの変化」とは、いったい何でしょう?

あなたが、真剣に判断して、確実に起こしてあげなければならないはずです。

 

あなたが助けると決めたのだから、あなたは助かります。

なのに、助けることができないのだとすれば、理由は一つです。

「自分を助けるために、何でもやってあげよう」とする気持ちが、足りないこと。

 

「自分」のために、「できることをしてあげよう」とする気持ちを保つことができなければ、変化を加えてあげることなど、できないままになってしまいます。

だから、ちゃんと、助けてあげようとしてください。

 

「助けるほうの自分」になるということは、あなたがこれまでできずにいた、重い腰を上げてあげるということです。

これまで、いろいろな理由をつけてできずにいたこと・やろうとしていなかったことに、きちんと手をつけ始めるということ。

 

「立ち止まってしまう自分」を見つけたら、あなたは必ず、前に進めてあげようとしてください。

次項で詳しく説明していきましょう。