「いい気分」になれる頭の中

下記は、リチャード・カールソンの著書から抜粋した一文です。

 

私たちはいつも、それが不要だったり重要でないと思うとき、どんな種類の思考でも捨て去っています。
たとえば、寝室を塗り替えるという考えは捨てられるのに、人生がひどい状態になったという考えは捨てられません。私たちは、重要でないとみなした思考を捨てながら、別の思考については、それが生命をもっているかのように分析します。

思考に生命などありません。
ひとつの思考を捨てられるなら、他の思考も同じくらい簡単に捨てられるのです。
しかし、思考を捨てるという選択肢が望めばいつでも手に入ることに、ほとんどの人は気づいていません。

 

あなたは、自分のネガティブな「思考」を『捨てる』という選択肢をもっていることに、気づいているでしょうか。

 

スポンサーリンク

ネガティブな思考など、捨ててしまえ。

前項までに学んだ、「気分」が悪いときの頭の中の状態に変化を加えるためには、あなたがとらわれてしまったネガティブな「思考」を、捨てる必要があります。

 

あなたの「気分」が悪くなっているのであれば、あなたがとらわれているその「思考」は歪んだものであり、重要なものではありません。

まずは、この不要な「思考」に従おうとするのは間違っているということに、気づきましょう。

 

そして、以下のように考えてみてください。

「いま、自分が一番するべきことは、何だろう。」
「いま、自分にできるとしたら、どんなことだろう。」

 

このように考えることで、『過去』か『未来』のどちらかに苦しんでいたあなたは、『現在の瞬間』に戻ることができます。

「気分」が悪いときの自分の「思考」は、やはり価値のあるものではなかったという事実に気づくチャンスが訪れます。

そして、ゆっくりと頭の中を空っぽにして、リラックスしてください。
図のように、不要な「思考」が流れ去るのを待つイメージです。

 

このとき、無理に肯定的な「思考」をしなければいけないと考える必要はありません。

このネガティブな「思考」は、変化させるのではなく、捨てる必要があるのです!

 

自らせきとめていた「思考」を、ただ手放しさえすれば、「思考」はあなたの頭の中から流れ去ります。

たとえどんなにつらい「思考」であったとしても、あなたが頭の中で何もしなければ必ず流れ去ります。

 

また同じような「思考」が浮かんできたとしても、今度は流れ去るのを止めないように、他のことに頭を切り替えようとしてください。

せき止めてしまった「思考」はずいぶん大きく膨らみ、その流れはたいへんゆっくりに感じられるかもしれませんが、「思考」を生み出しては捨て去るという作業が復活し、「思考」が【自然本来の状態】に戻るのを待つことができるなら、私たちの「気分」は良い状態に向かうことができるのです。
(→「気分」が良いときの頭の中 参照)

 

もしかしたらあなたは、こんなふうに簡単にネガティブな「思考」を手放せないと感じるかもしれません。

手放したつもりでも、また何度も湧いてくるネガティブな「思考」を無視することができないかもしれません。

しかし、あなたが本当に「いい気分」になり、現状に前向きな変化を起こしたいと願っているのなら、あなたはネガティブな「思考」に対して、いまよりもずっと無関心になろうと決意する必要があるのです。

 

それでは次項から、「いい気分」になる練習をしていくために大切なことを、お伝えしていきます。

「いい気分」を目標とすることの素晴らしさを、実感してください。