とりとめのない日記はつけるな!楽しく有意義な「10年日記」をつけよう


日記をつけるなら、毎日とりとめのない文章を書こうとするのではなく、「10年日記」をつけることをおすすめします。

「これからの自分は、ものすごく変化していくのだから、その驚くべき変化の様子を記録していくのだ!」という気持ちで、始めるのがいいですよ。(笑)

 

そんなふうに物事を始めると、本当にいろいろな変化が起こってくるものですよね。

 

スポンサーリンク

アナログなら「10年日記」デジタルなら「100年日記」

私も、根拠はないのですが「これからはもっと変化を求めていきたい!」と思い立った頃、「10年日記」を買いに行きました。

 

毎日、3~4行の日記を、10年に渡ってつけていく日記帳。

文房具店で探してみると、けっこういい値段です。
だけど、なぜか無性に欲しかったので、やはり購入。

私が記録したかったのは「自分の変化の様子」だったので、その日起こった出来事や思ったことを、簡単に書いていくことにしました。

 

ところが、これが意外と面倒なもので、たかが3~4行といえども毎日忘れずに書くことができず、数日分を思い出しながらまとめて書いていくというありさま。(笑)

しかし、「書けてるのだから、いいのだ!」と開きなおり、とにかく継続しておりました。

眠い目をこすりながら、「私はなぜ、この面倒な作業を続けているんだっけ・・・」と思い始めていたある日、面白いことが起こりました。

 

日記帳の、最終ページへの書き込み終了。

 

・・・と、いうことは・・・?

 

―――そう。2年目、突入。

また最初のページに戻るわけです!

いえ、「10年日記」なのだから、当然なのですが。

 

そこで私が見るものとは、「1年前の今日」の日記。。。

1年前の今日、何が起こっていたか、ということが3~4行書かれてある文章を見ながら、その下に「1年後の今日」の日記を書いていくのですねー。

 

「お・・・面白い。変化してる。確かにいろいろ変化してるぞぉ!」

と、その頃の自分を振り返りつつ、その日1日を振り返る。

その頃に悩んでいたことも、不安に思っていたことも、いまとは異なる状況の中でのこと。

「つらいと感じる状況も、変化していく」というところを、きちんと理解できるようにもなるのです。

 

「10年日記」の面白さを実感するためには、とにかく2年目に突入する必要があります。

がんばって、1年目を乗り切ってみてください。
毎晩、眠る前に書く習慣をつけてしまいましょう。

1年後・2年後の自分に向かって、「希望的観測」文やメッセージなどを書き添えていくと、ますます楽しくなりますよ。

 

―――とはいえ、時代はすっかりデジタルへ!

・・・というワケで、時代の流れに従って、追記していきます。
この「10年日記」が、いまやデジタル化されて、スマホにインしてしまうわけで、、、

な~んとなんと、「100年日記」と化してしまうのでありました!

●iphoneの方は、こちら

●Androidの方は、こちら
Get it on Google Play

 

1年目は、近日に書いた日記の一覧を見ながら、2年目からは同じ月日に書いた日記を複数年同時に見ながら、今日の日記を書くことができますので、「1年目の乗り切り」も楽しくおこなえるスグレモノ!

しかも、アナログよりずっとお安い・・・

 

写真も添付可能。音声入力にも対応なので、入力もラクラク!
3~4行と言わず、ガンガン記録できちゃいます。

日記は、エバーノートにすべて自動的に保存することができます。
Dropboxにバックアップもできますよ。
テキスト保存なので、フリーワード検索も可能♪

もう、日記を買い替える必要はなさそうですね。

 

成長記録をつけたり、目標達成に役立てたり・・・というふうに、日記の習慣を、楽しく有意義なものに変えていきましょう。

ぜひ、いろいろ工夫してみてください!

 

タイトルとURLをコピーしました