問題を「解決しよう」とするのをやめる

あなたが現在抱えている問題を、解決したいでしょうか?

ではまずその問題を、「解決しよう」と考えるのをやめましょう。

 

その問題から意図的に意識をそらして、この講座を読むことに集中してみてください。

この先あなたが、あなたのストレスの元となっている問題を解決しようとして、「気分」が悪くなってしまうようなことがあったときには、そのまま考え続けるのをやめて、この講座のことを思い出してくださいね。

 

スポンサーリンク

考え続けても、問題は解決しない。

準備はいいですか?

本当に問題を解決してストレスをなくしたいのなら、あなたが抱えている悩みや問題について考えるのをやめて、あなたの「気分」が良くなりそうなことをおこなっていく必要があるのです。

 

問題が解決すれば「気分」は良くなる、とあなたは考えるかもしれませんが、あなたを悩ませている問題について考えることによって、あなたの「気分」がすでに悪くなっているのなら、そのまま考え続けていても問題は解決しません。

あなたが現在の問題に焦点をあてて考えれば考えるほど、あなたの人生にはその問題が、つきまとっていくことになります。

あなたの「気分」が悪くなるのは、あなたが問題に焦点をあてて、間違った「思考」をしてしまっているときです。

 

これから順番に説明していきますので、とにかく「気分」が悪くなるようなことを考えるのをやめる必要があるということだけは、絶対に忘れないでください。

つまり、あなたには「気分転換」の必要があるのです。

 

―――ここで少し、あなたの「気分」を眺めてみましょう。

いまの「気分」はいかがですか?

あなたの「気分」を、眺めてみてください。

 

深呼吸をして、あなたの心と身体の状態を感じようとしてみましょう。

体調が悪いことが原因で、低調な「気分」になっていませんか?

 

あなたのストレスの元となる問題について、考えているときの「気分」はどうだったでしょう?

「気分」が良かったり、悪くなったりしているあなたを、こうして眺めてみる感覚を忘れないでください。

 

ストレスは、あなたの「思考」から生まれています。

あなたが「思考」することによって、あなたの「気分」は変化します。

あなたの「気分」が悪いのは、あなたがその問題を抱えてしまったからではありません。

 

あなたが許せないと思う「人物」や「状況」が、あなたをいじめているからではありません。

あなたがその問題に関心を奪われて、否定的・悲観的・または閉鎖的な「思考」をした結果、あなたの「気分」は悪くなったのです。

 

「気分」が悪くなっているとき、あなたは、いろいろなことを忘れてしまっています。

楽しかったことやうれしかったこと、あなたにとってとても大切なことも、確かに感じたことのある幸せな気持ちも、好きなテレビや趣味のことも、昨日まではどんな「気分」だったのかさえ、そのときのあなたはすべて忘れて、問題に関する否定的な側面にとらわれてしまっているのです。

 

あなたの視野が狭くなっているときには、前向きなことを考えることが、とても困難な状態になっています。

あなたが本当に考えるべきことを、正しく理解できていない可能性が、とても高くなっているのです。

まずは、「気分」が悪くなるようなことに集中して考えてしまう古くからの習慣に別れを告げ、新しい習慣に向かうための準備を始めましょう。

 

あなたの「気分」が悪い理由は、その考え方に価値がないからです。

次項で詳しく説明していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました