秋元ユキ@いい気分ドットコム

覚えておきたいこと

「発想の転換」をしようとする

あなたが考え続けているあなたの「考え」は、あなたの「主観」であり、あなたは常に「主観的な判断」を繰り返しています。 「Aが、Bである」と考えるあなたの「主観的判断」は、現在のあなたの状況を間違いなくそのようにとらえており、あな...
覚えておきたいこと

解ける「問題」から解き始める

あなたが試験問題を解いている途中で、すぐに解けそうにない「難問」に出会ってしまったら、どのように対処しようとするでしょうか。 試験時間には限りがありますし、他に解けそうな問題は、まだ沢山あります。 すべての問題を完璧に解...
覚えておきたいこと

「どうなるのか」を見ようとする

「思考」は放っておくと、いつもの習慣にならって物事を考え、判断しようとすることを繰り返します。 「思考」は、現実に起こっていることが、当初の理想に沿ったものであれば「うまくいっている」と判断し、少しでもあなたの予想に反したものであれば...
覚えておきたいこと

「思考」に対する方針を変える

あなたは、あなたについての最高責任者であり、あなたの「思考」を司り、あなたを動かしています。 あなたが何を考え、何をおこなうかについて、あなたは、そのすべてを決定する権限をもっています。 あなたの「方針」を、確認して...
覚えておきたいこと

1日の始まりの「思考」を整える

私たちは、それぞれの理解と楽しみを求めて、人生の旅をしていると考えてみてください。 あなたの旅を進めるためには、あなたが、あなたの心を満たしていくことを「目的」とし、それに沿って物事を考え、行動する必要があるのだと考えてみましょう。 ...
覚えておきたいこと

朝の理想の目覚めを考える

今日の朝、目が覚めたとき、あなたは何を考えたでしょう? これから始まる、ワクワクする1日のこと? それとも、これから始まる、憂鬱な1日のこと? あなたの朝の目覚めを、素晴しいものに変えるために今日、できることは何でしょ...
進み始めよう

「問題」があるからこそ進む

前に進んでいこうと意気込んでいるときに、突如、それを邪魔されるかのような出来事や、志の折れそうな想いを感じることはないでしょうか。 何かを始めようとしたときに、せっかくの気持ちを台無しにされて憤慨したり、「やはり、目標を達成するのは難...
進み始めよう

「始めること」を迷わない

計画を立て、何かを開始しようとする前に、私たちはしばしば、そのやる気を一旦鈍らせるように立ち止まり、「始めること」を先延ばしにしようとしてしまう傾向があります。 あなたが、何かを開始しようとするときには、他のことをしようとした...
進み始めよう

心を満たすことを「目的」にする

あなたの「目標」を達成するための時間が、どのくらい必要であるのかを、考えてみてください。 その「目標」は、すぐに達成しそうでしょうか? しばらくかかりそうに思えるでしょうか? それとも、まったく先の見えないものでしょうか? ...
進み始めよう

納得できる「選択肢」を探す

私たちは日々、無数の「選択」をおこなっていて、現在の「選択」の積み重ねによって、未来を創造しています。 つまり、現在のあなたは、過去の無数の「選択」によって「現状」を創り出しているということになります。 あなたは、あなた...
進み始めよう

「壁を乗り越える」必要はない

あなたが「目標を達成する未来」に向かって進んでいるときには、「これでよし」と感じているはずです。 「これでよし」として進めずにいるときには、「目標を達成する未来」に向かうことを考えられずに、困っているということ。 目の前...
進み始めよう

進み始めれば道は見える

私たちは、「目標を達成する未来」へと続く道を、常に「進んでいる」状態でいなければ、「いい気分」ではいられません。 あなたはそこに留まり、あなたの歩みを進めずに「ただ、生きる」ということが苦痛だからです。 あなたが動けずに...
進み始めよう

「自分を前に進める」こと

あなたの前方に、あなたの「目標を達成する未来」へと続く道があるのだと、想像してみてください。 あなたにとって、必要な行動を起こしていくことにより、あなたは、その道を一歩ずつ進むことができるのだと、考えてみてください。 さて、あな...
自分を救うために

「助けるほうの自分」になること

あなたが、本当に望んでいる方向に進んでいくために、「自分自身にお願いしたいこと」は、何ですか? あなたが「自分」にお願いするべきことは、「もっと、がんばって欲しい」ということではなく、あなたが真の望みに向かえるようになるために...
自分を救うために

「自分にお願いする」ということ

あなたが「いい気分になれそうなことをしよう」と心に決めたとしても、多くの場合、あなたの「ネガティブな思考」を制御することは、とても難しいと感じることでしょう。 「ネガティブな思考」は、そのものが有害であり、あなたから「いい気分」を奪い...
自分を救うために

「自分を救う」ということ

あなたにはいま、「我慢している」ことがありますか? あなたは、どうしてそれを「我慢している」のでしょうか。 仕方ないことだと思うから? 他に何もできないと思うから? がんばっても、変わらないと知っているから? ...
自分を救うために

「自分を大切にする」ということ

「自分を大切にする」というのは、あなたがもっと「自分のことを、好きな人として扱う」ということです。 かつてないほどに大好きな人がそこにいるとして、あなたはその人に、どのように接するでしょうか。 ネガティブな考えを、話そう...
自分を救うために

「自分を愛する」ということ

あなたは、自分のことを、愛していますか? 「自分を愛する」とは、いったいどのようにすることなのでしょう。 「自分を愛する」ということは、自分のわがままを通すということでも、自分勝手に行動する、ということでもありません。 ...
自分を救うために

「自分のために起こる」ということ

つらいことや、困ったことに直面したとき、私たちは、「どうすればいいのかわからない」と考え、もがき始めてしまいます。 そのとき、 「さあ、新たに修行するべきことが来たようだ」 「なるほど。いま、乗り越えるべきときのようだ」 という...
「つらい」理由を理解する

ほんの「ちっぽけ」な自分

あなたが「つらい」と感じていることに気づいたときには、その感情に「わかった」と告げ、「さあ、つらくないところに行こう」と考える必要があります。 しかしそうはできないと思うのなら、そのつらさを味わいながら、あなた自身がもがき始め...
「つらい」理由を理解する

「わからない」のがあたりまえ

私たちには、わざわざ自分がつらくなるような考え方や、自分を苦しめるような「思考」をしてしまうことが多くあります。 「つらい」と感じるのは、あなたが「つらくなくなる方法」を現時点でわかっていないからであり、それをあなたが「ダメだ...
「つらい」理由を理解する

「つらい」と感じる時間を減らす

あなたが「つらい」と感じたときには、そのように感じている自分の心を素直に受けとめ、そして、「つらくなくなる方法」を探し始めることにしましょう。 「つらくなくなる方法」が、すぐには理解できなくても、必ず理解できるようになることを...
「つらい」理由を理解する

「排除しよう」とするのをやめる

あなたはまず、自分が「つらい」と感じていることに気づき、それから「つらくなくなりたい」と願うはずです。 「つらい」と感じるならば、あなたは、必ず「つらくなくなる日」を目指すことができます。 それが、あなたの動き出す「動機...
「つらい」理由を理解する

まず「感情」をおさめてやる

あなたが「つらい」と感じるとき、あなたはその「感情」をどうにかしようとして、「思考」をめぐらせてしまうのではないでしょうか。 しかし、あなたの「つらい」という感情をどうにかしたいなら、まずはその「感情」自体を、おさめてやらなければなり...
「つらい」理由を理解する

なぜ「つらい」と感じるのか

あなたが「つらい」という感情を感じるとき、あなたは反射的に、そのとき見ているものや、考えている対象に注目し、それが要因であると考えてしまうかもしれません。 しかし、その外的要因に注目し、なんとかしようと奮闘しても、「つらい」という感情...
さかさまの答えを見つける

「あなたらしくない」ことをやめる

「思考」というのは、あなたがつくりだしているように見えて、実は他人の先行的なものが大いに含まれていることに、気づかないことが多いものです。 例えば、ただそこにあるものを、「すごいもの」とか「価値のあるもの」ととらえているのは、本当はあ...
さかさまの答えを見つける

「あなたにしかできないこと」を探す

あなたは、「あなたらしくある」ことでしか、幸せを感じることができません。 あなたらしくない行動をとりながら、あなたの幸せを求めるなんて、そんな矛盾したことはできません。 「あなたにしかできないこと」というものがあるはずで...
さかさまの答えを見つける

「不愉快の螺旋階段」を抜ける

同じ「思考」や「行動」を何度も繰り返してしまい、嫌な想いをしているということはありませんか? あなたはそのとき、「不愉快の螺旋階段」を昇り続けており、体力と気力の限界を感じ始めているはずです。 あなたがその螺旋階段を抜け...
さかさまの答えを見つける

「いまできること」を始める

あなたができることは、「いまできること」しかありません。 それなのに、「いまできないこと」を考えて、苦しんでいてはいけません。 あなたが「いま何ができるのか」というところをきちんととらえずして、あなたが見る夢を、叶えられ...
さかさまの答えを見つける

さかさまにしか答えはない

あなたにはいま、「うまくいっていない」と感じることがありますか? あなたはそんなとき、あなたの世界に対する反応を、『ひっくり返してみる』必要があります。 あなたにとってうまくいかないことを、うまくいかせたいならば、そのさ...
前に進むために

ちゃんと「成功」を見つめよう

あなたが何かを思案するとき・提案するとき・考案するとき、あなたはそれを実現させたいとして、そうすると思います。 「考える」ということは、「それを呼ぶ」ということに等しいですね。 だとすれば、実現させたくないような未来を想...
前に進むために

ネガティブな感情に居場所を与える

「いい気分」になりたい、楽になりたい、と考えながら、実際にはなんだかどんどん苦しくなっている、ということはありませんか? 自分が「望んでいること」に関心を向けていたい、と願いながら、実際にはなぜか「望まないこと」にばかり気をとられては...
前に進むために

自分自身への「言葉がけ」

あなたがネガティブを感じてしまったときには、あなた自身に、こう言ってあげましょう。 「いや、いまのあなたの状況が、悪いと判断するのはどうかと思うよ。」 ネガティブを感じたときには、常に、自分自身への「言葉がけ」をして、自...
前に進むために

人生の分かれ道とは

朝、あなたが目覚めた瞬間から、夜眠りにつくまでの間に、あなたは人生における無数の分岐点に立ち、その都度、自ら「選択」をおこなっていると考えてみてください。 分岐点は、あなたの「目標」を達成できる方向と、達成できない方向への2つに分かれ...
前に進むために

目標達成への最短距離

あなたの「目標」を達成するための、最も効率的な方法をご存じですか? それは、あなたがいつも「いい気分」を選択しようとすることです。 今回は、ある人物(Aさん)が「目標」を達成しようとする様子を、俯瞰的に見ることによって、...
前に進むために

あなたの「目標」を確認する

あなたが自分の「目標」をもたないまま日々を過ごすことは、目的地がどこにあるのかがわからないまま旅を続けようとするようなもので、よろこびよりも不安や疑問を感じてしまうのが当然のことでしょう。 あなたの「現状」について何かが気に入...
「苦手な人」にさようなら

「苦手な人」にさようなら

あなたが誰かのことを「苦手な人」だと感じるとき、あなたはその人のことを、『自分にとって、やっかいな存在』だと判断していることでしょう。 つまり、たとえ今日会ったばかりの人であっても、昨日まで愛していたはずの人さえも、あなたに不快な感情...
「苦手な人」にさようなら

「許せない人」にさようなら

「許せない人」についての記憶を心に抱き続けていることは、あなたにとって、マイナス以外の何ものでもありません。 「許せない人」について考え続けるネガティブな「思考」は、たとえそれが過去のことであっても、現在の自分に非常に大きな影響を与え...
「苦手な人」にさようなら

「嫌いな人」にさようなら

あなたには、「嫌いな人」がいますか? あなたは、あなたが「好きな人」と仲良くすればいいのであって、「嫌いな人」とも仲良くしなければならないと考える必要はありません。 仕事場が同じだから、家族だから、親戚だから、ご近所の人...
「苦手な人」にさようなら

人生を変える「賢者の選択」

あなたの人生を充実させ、心地よい人間関係をつくるためには、あなたの好きな人との関係がもっと良好なものになり、嫌いな人とのつき合いが(必要以上には)なくなるというのが理想的ですね。 現実にはこのような単純で明快な人間関係を築くことは、難...
「苦手な人」にさようなら

あなたを困らせる人の心理

「他人」に対してネガティブな感情を覚えるときには、「他人」を眺めながら、実は自分自身がそのときにこだわっていることについて「思考」しています。 あなたがそうであるように、ネガティブな感情に苦しんでいる人は、あなたを眺めながら、...
「苦手な人」にさようなら

苦手な人が消えない理由

あなたにとって「他人」とは、自分を映す鏡のような存在です。 あなたは、「他人」を見ながら、いつもそこに自分の姿を見ています。 なぜなら、あなたが理解できることは、「他人」のことではなく、常に自分のことだけだからです。 ...
「苦手な人」にさようなら

すべての人に自由を認める

あなたの人生はあなただけのものであり、あなた以外の誰も、あなたが幸せになるように導くことはできません。 もしも誰かに、あなたの行動を指示され、何かを要求されたなら、 その人はあなたを「いい気分」にさせたいのではなく、その人自...
「苦手な人」にさようなら

「ありのままの自分」に戻る

あなたは、どんな人にも「ありのままの自分」で接することを選択しているでしょうか。 人間関係を円滑にしようとするとき、人はしばしば自分の好き嫌いの気持ちを抑え込み、自分の本来の意思や性格を曲げて、誰かや何かのために奉仕しなければならない...
「苦手な人」にさようなら

自分を認めて尊重する

あなたがつらい「感情」を覚えるとき、あなたが本当に求めていることというのは、どんなことでしょう? 細かいことはいろいろあると思いますが、あなたが最も望んでいるのは、 「自分自身が尊重され、気持ちよく幸せに生きられること」であ...
新しい習慣へ

「思い出す」という不断の実践

さて、これまでに、あなたの「気分」が悪くなっているときには、その「思考」を続けるべきではないということを学びました。 そして、もっと「いい気分」になろうとすることを心がけ、「望んでいること」をおこなっていくことが必要であるという、知識...
新しい習慣へ

静かなる情熱を心に抱く

あなたの問題や悩みの解決に向かうための鍵は、あなたがネガティブな古い「思考」パターンを捨てて、もっと本当に「いい気分」になれるようなことをしようと決意したときに見つかるものです。 あなたが問題を解決したいと思うなら、まず、「問題点」を...
新しい習慣へ

「いまは考えない」という選択

あなたが「いい気分」になれないようなことを、自ら考えようとする必要はありません。 ただ臭いものにフタをするように「考えないようにしましょう」ということではなく、 考えてもあなたが「気分」を悪くしているだけの状態なのだとすれば...
新しい習慣へ

常に「感情」に注意を払う

あなたは、自分の心の奥から生まれてくる「感情」について、どのように理解しているでしょうか。 「感情」は自然に沸き起こり、あなたに何かを伝えようとしています。 あなたが「いい気分」になれないときには、言うことをきかない「思...
新しい習慣へ

何もしなければ雨はやむ

「いい気分」になることを選択しようと思っていたとしても、二度とネガティブな「思考」をしなくなることができるというわけではありません。 大切なのは、ネガティブを感じている最中にも、自分はその気になれば「いい気分」に戻れるのだとい...
新しい習慣へ

すべてはうまくいっている

この世界にあなたが正すべき「間違ったこと」や「不完全なこと」があふれていて、あなたがそれをどうにかしなければならないのだとすれば、何かが起こるたびに大騒ぎし、とても「うまくいっている」とは思えないことでしょう。 しかし、たとえそうは見...
新しい習慣へ

「考え方のクセ」を変える

頭の中は、放っておくと、物事を否定的に考えてしまう傾向があります。 人は、一日のうちの多くの時間を、無意識に否定的な考えを膨らませることに費やしています。 その理由は、ネガティブな「思考」が頭に浮かんでも、その考えには反...
新しい習慣へ

「いま現在」の瞬間を100%生きる

「いま現在」の瞬間に100%集中し、そこにあるものを楽しんでいるとき、あなたの「気分」は良くなり、人生からストレスや悩みを追い出すことができます。 「現在」の行為に没頭し、夢中になっているときには不要な考えや迷いが入り込む隙がなく、大...
超図解!頭の中を覗いてみよう

「いい気分」になれる頭の中

下記は、リチャード・カールソンの著書から抜粋した一文です。 私たちはいつも、それが不要だったり重要でないと思うとき、どんな種類の思考でも捨て去っています。 たとえば、寝室を塗り替えるという考えは捨てられるのに、人生がひどい状態に...
超図解!頭の中を覗いてみよう

「気分」が悪いときの頭の中

それではいよいよ、あなたの「気分」が悪いときの頭の中を覗いてみましょう。 悩みや問題について、あなたが考え込んでしまっているとき、頭の中がどんな状態になっているのかを、しっかりと理解してください。 自分自身で、自分を苦しめて...
超図解!頭の中を覗いてみよう

「考えている」ときの頭の中

私たちの「気分」が良いとき、それは私たちが頭の中で「何もしないでいる」状態のときです。 (「気分」が良いときの頭の中 参照) さて、「何もしないでいる」状態とは、具体的にはどういう状態なのでしょうか? 禅の言葉で、『二...
超図解!頭の中を覗いてみよう

「気分」が良いときの頭の中

「気分」が良いとき、そして「気分」が悪いとき、私たちの頭の中は、どのような状態になっているのでしょう。 ここでは主にリチャード・カールソンの著書を教科書にして、オリジナルのイメージ図を用いてわかりやすく説明していきます。 湧...
5分で気分が良くなる対策

「いい気分」になれそうなことをする

「気分」が落ち込んでいるときには、「気分」の良いときとはまるで別人のように、後ろ向きな考えをしてしまうものです。 しかも、たちの悪いことに、「気分」が悪いときほどその後ろ向きな考えを信じたくなってしまうのですから、さらに落ち込んでいく...
5分で気分が良くなる対策

「思考」の中のウソを発見してみる

あなたの「気分」が悪くなっているなら、その考えの中には、”ウソ”があります。 あなたはそのとき、自分の中に”ウソ”または”矛盾”という問題を抱えているのであって、本当はあなたが「問題だ」と考えていることが問題なのではありません。 ...
5分で気分が良くなる対策

「気分」が悪いなら「思考」を疑う

悩みや問題について考えているとき、あなたの「気分」は、とても悪いのではないでしょうか。 あなたの「気分」が悪くなっているなら、その考えのまま何かを判断しようとするのは、少し待ってください。 「気分」が悪くなっているときの...
5分で気分が良くなる対策

問題を「解決しよう」とするのをやめる

あなたが現在抱えている問題を、解決したいでしょうか? ではまずその問題を、「解決しよう」と考えるのをやめましょう。 その問題から意図的に意識をそらして、この講座を読むことに集中してみてください。 こ...
はじめに

関心を向ける対象を変える

物事には、必ず「肯定的な面」と「否定的な面」があります。 あなたにとっては酷いと思える「悪い人」でも、他の人にとっては不思議に「良い人」であったり、あなたにとってどんなにとんでもないと思える「悪い状況」でも、別の視点から眺めてみれば「...
はじめに

ストレスをなくすと決意する

ストレスをなくすためには、生活環境を変える必要も、人間関係を壊す必要もありません。 あなたは、「困った人」や「ひどい状況」を大改革したり、引越しや転職や決別を決意したりすることなく、あなたのストレスをなくしてしまうことができます。 ...
はじめに

ストレスは「思考」から生まれる

まずはじめに、この講座は、あなたが「いい気分」になれる方法を知り、「いい気分」になる練習を重ね、現状にプラスの変化を効率よく起こしていくための手助けとなることを目的としています。 ですから、この講座をお読みいただく前に、ぜひ確認してお...
スポンサーリンク