秋元ユキ@いい気分ドットコム

「内なる声」によるコラム

「チャンスについて」の論

チャンスというのは、転がっているものではない。 チャンスというのは、そこらに転がっているものではなく、あなたが一つ一つのことに挑戦していく都度、重なっていくものだと考えてみて欲しい。 普通に、誰もが掴...
「内なる声」によるコラム

「後悔について」の論

後悔というのは、「後悔をしよう」と思ってするものではない。 つまり、後悔というのは、「後悔するつもりがなかった」ということが多い。 ということは、あなたにはコントロールすることができない。 そもそもあなたは、後悔す...
「内なる声」によるコラム

「納得について」の論

「納得する」ということは、己の信条を貫くということである。 最初に話しておくけれど、「己の信条」というものは、変えることができる。 自分の信条を変化させつつ、何を納得するのかというところを、考えてみるべきなのである。 ...
「内なる声」によるコラム

「継続について」の論

何かを継続するというのは、難しいことだと思う。 なぜ難しいのかというと、「継続する」ということには、そもそも無理があるため。 生活をしている中で、「継続しがたい理由」というのがたくさん出てくる。 にもかかわらず、ある一...
「内なる声」によるコラム

「批判について」の論

批判というのは、「間違っていると思う部分」を、指摘したいときに起こる。 「自分という者の正しい目で見た、間違っている部分」を、きちんと直したくて起こる。 要するに、偏っている思考をもった人間が、真っ先におこなおうとするこ...
「内なる声」によるコラム

「優劣について」の論

優劣というのは、能力や立場として優れているか劣っているかというよりも、「優れた思考」をしているのかどうかだと思う。 優れている人は、劣っているふりをすることができる。 だが、劣っている人が、優れたふりをすることはできない...
「内なる声」によるコラム

「心配事について」の論

「心配事がある」という人には、こう言える。 心配事を解決するには、時間が必要。 あなたがその心配事にかかりきりの状態になっても、その心配事は消えないのである。 あなたの想像は、あてにならない。 ...
「内なる声」によるコラム

「努力について」の論

努力をするのは、好きだろうか? それとも、嫌いだろうか? あなたは、どういうときに意識をして、努力をしようとするのだろう? 努力をするというのは、「面白くないことをするべきなのだ」と、考えてはいないだろうか...
「内なる声」によるコラム

「競争について」の論

競争というのは、王道を走ろうとしても、なかなか勝てるものではない。 もちろん、オリンピックの1位2位を目指す気があるという場合には王道を走るしかないのだが、1億人の人間がいるとして王道を走ろうとするのでは、1億人に1人か2人し...
「内なる声」によるコラム

「時間の使い方について」の論

「時間を有効に使う」ということは、 「短時間で、いかにたくさんのことをこなすか」ということではなく、「短期間に、どれだけ進めるのか」ということである。 短期間に、進める人になろうとして欲しいと思う。 ...
スポンサーリンク