「つらい」理由を理解する

「つらい」理由を理解する

ほんの「ちっぽけ」な自分

あなたが「つらい」と感じていることに気づいたときには、その感情に「わかった」と告げ、「さあ、つらくないところに行こう」と考える必要があります。 しかしそうはできないと思うのなら、そのつらさを味わいながら、あなた自身がもがき始め...
「つらい」理由を理解する

「わからない」のがあたりまえ

私たちには、わざわざ自分がつらくなるような考え方や、自分を苦しめるような「思考」をしてしまうことが多くあります。 「つらい」と感じるのは、あなたが「つらくなくなる方法」を現時点でわかっていないからであり、それをあなたが「ダメだ...
「つらい」理由を理解する

「つらい」と感じる時間を減らす

あなたが「つらい」と感じたときには、そのように感じている自分の心を素直に受けとめ、そして、「つらくなくなる方法」を探し始めることにしましょう。 「つらくなくなる方法」が、すぐには理解できなくても、必ず理解できるようになることを...
「つらい」理由を理解する

「排除しよう」とするのをやめる

あなたはまず、自分が「つらい」と感じていることに気づき、それから「つらくなくなりたい」と願うはずです。 「つらい」と感じるならば、あなたは、必ず「つらくなくなる日」を目指すことができます。 それが、あなたの動き出す「動機...
「つらい」理由を理解する

まず「感情」をおさめてやる

あなたが「つらい」と感じるとき、あなたはその「感情」をどうにかしようとして、「思考」をめぐらせてしまうのではないでしょうか。 しかし、あなたの「つらい」という感情をどうにかしたいなら、まずはその「感情」自体を、おさめてやらなければなり...
「つらい」理由を理解する

なぜ「つらい」と感じるのか

あなたが「つらい」という感情を感じるとき、あなたは反射的に、そのとき見ているものや、考えている対象に注目し、それが要因であると考えてしまうかもしれません。 しかし、その外的要因に注目し、なんとかしようと奮闘しても、「つらい」という感情...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました