目処をつけること

秋元ユキ
秋元ユキ
いい気分ドットコムの秋元ユキ(@yuki_i_kibun)です。
スピリチュアルな存在との対話の更新です↓

秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ
最近、このブログは、「快適実録ブログ」という名前に沿った内容になってきているような気がします。
私が進めていることが、進んでいく様子をブログで書いていけるのは、いいかもしれない。
あんまり進んでいない様子であっても、悩んでいる様子であっても、そこからどうやって進めるかということがわかってくれば、それでいいかもしれないな、と思う今日この頃。
というワケで、「内なる声」との対話の更新です。
※私は現在、「自分」のことや、ハイヤーセルフのことについて、わかりやすく表現した媒体をつくるということを進めています。

内なる声 :それで、どうするのか決まってきたの?

ワタシ :はい。いま、いろいろ案が浮かんできていて、すごく楽しんでいるんですよ。
とりあえず、もっとわかりやすく表現するために、文字だけではなく、絵も入れていきたいと考えています。
「自分」への理解を絵に表現するのは難しいけれど、少し案が浮かんできているので、このままゆっくり考えていければ、いいものになりそうです。

内なる声 :そう。それで、どのくらい先にできるの?

ワタシ :え?うーん、どのくらい先かな…いま、いろいろ考えていて時間が足りないので、もっと時間が欲しいなあ。

内なる声 :時間をつくるよりも、あなたがもっと早く仕上げられるための方法を考えたら?

ワタシ :そうなんですが、いま考えてることを、形にしようとするなら、時間はかかりそうだし、短縮できるかどうかわからない。
どうすれば早くできるのでしょう?

内なる声 :ゆっくりしようとするのなら、早く仕上げれないのでは?

ワタシ :うーん…、早くするのはどんなことをでしょう?

内なる声 :あなたの考えはどこにあるの?

ワタシ :私の考えですか?私の考えは…いま、その表現する方法にあると思います。
自分が、どうやって表現するか。そのために自分の理解できないところをあなたに聞きながら、すごく楽しいものをつくりたい。わかりやすいもの。
そのための案を、たくさん考えようとしています。

内なる声 :うん。だから、そういうことを考えるのか、あなたが理解するのかどっちなの?

ワタシ :理解することと、表現すること、どっちも大切なのですが…何を間違ってますか?

内なる声 :間違ってないけど、それでは遅くなるってこと。
なぜなら、あなたは、その表現を追及していくことばかり考えてしまうのではない?
いま、表現しようとするものに案がわいてきたのなら、自分の理解できる範囲の中、いま現在思いつく表現を並べていけば、それでいい。
その上で、違う案を求めていくのはできるが、まず、あなたが仕上げるのは、いま、あなたの理解のできたものでしかないのだから、表現を追及するのは後にしないと遅くなる。
早くするのは、表現ではなく、あなたの理解では?

ワタシ :理解を、どうやって早くすることができるのですか?

内なる声 :いま、あなたの同時に進めているのが「理解」と「表現」なら、「表現」にこだわれば、「理解」が遅れるが、「理解」にこだわるのならば、後にでも「表現」はつけれる。
あなたが、まとめているのを早くするのなら、自分が何を表現しようとしてるかが早く見えてくる。
つまり、あなたの考えを違う方面に散開させるのではなく、あなたのわかりやすいものへと凝縮することをして欲しい。この違いを知って欲しい。

ワタシ :私が、いましようとしていることは散開ですか?
では、凝縮とはどんなことでしょう?

内なる声 :散開とは、あなたのアイディアを広げようとして、あらゆるところを見ていること。
あなたが、早くするためには、「自分」を知っていくこと。
内容を表現しようとして、「自分」の理解を深めなければ散開し、その距離の分遅くなる。
遅いというのは、まとまっていかないということ。
あなたの求めているのは、広がる自身の表現よりも、むしろ「ここ」という中心の理解では?

ワタシ :うーん…そうですが、いま、その表現のことを考えていくのが楽しくなってきていたので…そういう案はいらないのかな?

内なる声 :案がいらないのではない。
何のための案であるかを、もっと追及しないと広がるばかりになる。
中心になる理解さえはっきり掴めるのなら、案は後についてくる。
はっきり中心への理解が深まって、「これをつくる」と決まったものができないうちに、案を広げるのがいいと思う?

ワタシ :何がいいかはわからないけれど、いままで、そうした案が浮かばず面白くなかったところを、あなたのアドバイスどおり、楽しくしていこうとして、いい感じになっていたのですが、…どうしたらいいのでしょう?

内なる声 :楽しいという方向を見つけたのなら、そこに向かって歩くのをどんどん進めたいところではあるけれど、あなたにとっての中心を求めていくのを薦める。
なぜなら、「楽しければいい」という目的ではなく、創りたいものがあるとして始めているものではないかということ。
そうであるのなら、あなたの目標は、「仕上げる」ということであって欲しい。
そうでないのなら、ただ、その広がりを楽しめばいい。
どう思う?

ワタシ :そうですね…。楽しいのはうれしいけど、そのものが仕上げれないなら、その楽しみも続けれないと思います。
早く仕上げるための、いい方法はありますか?

内なる声 :うん。自分が「こうしたい」とするものが、できる目処をつけること。
あなたの考えに沿って、目標とする時間を定め、可能と考えるよりも少し遅めの設定をして計画してみて?

ワタシ :はい。そんな計画のできる段階かな。
まだ、目処なんて、つけられないかもしれないな…。

内なる声 :その段階がまだということは、目指すべき段階とはそうなることでは?

ワタシ :なるほど。まず、目処が立つというところを目指さないと何もできない。
楽しければいいのなら、それでいいけど…ということですね。
そうだとすれば、まだ、何もできようとしてない。
じゃあ、とにかくできようとするところに向かうことを考えないと…ああ、私ってまだ、なにもできてない。
なにもわかってないんだなあ…。
(´・ω・`)ションボリ

内なる声 :そういうこと。
実践しながら、わかっていかないとね。

というワケで、楽しいのはいいが、あんまり進んでない私でしたが、めげずにいきます。
そんなにスイスイ行くワケないよ。少しずつ、わかっていくのダ。
進め、進め。 ε=ε=┏( ・ー・)┛

 

この記事へのコメント(記事更新から30日以内)

  1. shykey より:

    ハイヤーセルフについての媒体ができるのを楽しみにしてます。ヽ(=´▽`=)ノ

  2. 秋元ユキ@管理人 より:

    ありがとうございます。
    うれしいです。 ヾ(´ー`)ノ

タイトルとURLをコピーしました