提供するのは方法論

秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ
「内なる声」との対話、前回の続きの更新です。

ワタシ :前回の対話で、個人サポート・システムにおいて、対話をしていただく前に、あなたの見解をもっとわかりやすくするものをつくりたいというご相談をした件ですが・・・

内なる声 :うん。

ワタシ :私がイメージしているのは、自分でチェックしたり、悩みを整理したりする方法が書かれているテキストをつくって、ダウンロード販売などをおこない、それを読んでから個人サポートのお申込みを決めていただくというものなのですが、あってますか?

内なる声 :あってない。
「テキストを読んで、自分で解決できるかどうかを判断し、それで解決できそうにないと思う人はサポートに進む」というものをつくるのではない。
考えを変えないとできそうにないよ。

ワタシ :うーむ・・・( ̄ω ̄;)
では、どのように変えればいいのかをお聞きしたいのですが、まず、テキストを販売するというのはあってるのですよね。

内なる声 :販売するのは、テキストではない。
これから提供するのは、テキストではなく、方法論である。

ワタシ :ははー。なるほど。
情報を取り入れてもらうということになるのですか?

内なる声 :情報を取り入れてもらうのではない。
情報を得ることによって、対話をすることができるようにする。

ワタシ :対話をすることができるようになる方法論を、サイト内に置くということでよろしいでしょうか?

内なる声 :サイト内に置くのではなく、私のサポートの一環だと言ってるだろう。
あなたは、テキストを、雑誌か書籍のように売ろうとするイメージをもっている。
だが、私の話しているのは、サポートをスムーズにするための前段階の方法論の提供を指している。
それに、お金をもらうかどうかについては、私には興味のないこと。
あなたは、販売することにこだわっているの?

ワタシ :うーん、そうですね。。。(´・ω・`)
個人サポート・システムは有料なので、無料で提供することは考えてなかったのです。
「どのように購入していただくか」ということを考えているから、イメージがずれているのでしょうか・・・?

内なる声 :個人サポート・システムにおいて、提供するのはサポートであることを、忘れないようにしなさい。
テキストを、売るのではない。
サポートの一環としてとらえないと、あなたが何を売っているのかわからなくなるだろう?

ワタシ :そうですね。。。
システムのご利用上の注意点にも書いてありますように、サポート料金は、何らかの「問題」に対する『解決料』・もしくは、何らかの「理解」に対する『勉強料』としての代金ではなく、「内なる声」の『通訳の手数料』として、管理人がお支払いいただいているものです。
だけど、個人サポート・システムに、そのようなテキストを追加するのであれば、やはり有料だと思うのですが・・・
わからなくなってきました。
φ( ̄^ ̄;)

内なる声 :つまりあなたは、テキストを有料にしようとして、わからなくなっているということ?
ならば、サポートをする人にのみ、テキストを選んでもらえることにすればどう?

ワタシ :それも考えたのですが、例えば、「人間関係の悩み」と「仕事の悩み」両方をもっている人が、2つのテキストを手に入れたい場合などもあるのではないかと。
それに、もし私なら、作成されたすべてのテキストを読んでみたいと思うかもしれません。
そういったところを、どのように解決すればいいのでしょう?

内なる声 :まず、テキストを有料にする理由を言ってみて。

ワタシ :有料にする理由は、有料のシステムの中でおこなうことであって、無料にするには価値が大き過ぎると考えているからです。
私は、あなたのサポートを5年間拝見し、さまざまなお話を聞いてきましたが、十分に有料の価値があると考えています。
それに、「いい気分ドットコム」には、すでに無料のコンテンツを200ページ近く公開していますし、これ以上、無料のものを増やすのも違うかなと思います。
個人サポートは、私の「仕事」ですので、継続していくためにも、今後の発展を考えていくためにも、お金は必要ですし・・・

内なる声 :そう。では堂々とお金を受けとるため、何が足りないのだと言っているの?

ワタシ :足りないのではなく、テキストを購入していただくのではないとおっしゃるので、どうすればいいのかわからないのですが・・・

内なる声 :テキストを購入してもらうのではなく、サポートを提供するのだと言っているだろう?
サポートを提供するのに、必要なことをすればいい。
どうしてわからないの?

ワタシ :わからないのです。( ̄‥ ̄;)
テキストを購入していただくのではなく、どうやってテキストを手に入れていただくのでしょう?
無料にするということでしょうか?

内なる声 :だから、サポートを提供する際、テキストを渡せるようにする。
有料にしたいなら、サポート料金に、そのプラスの金額をもらえばいいことではないか。

ワタシ :うーん。。。( ̄ω ̄;)
どうやっていただけばいいのでしょう?

内なる声 :あなたは、金額の支払方法を聞いてるの?
それともタイミングの話?

ワタシ :タイミングの話をしていました。
メールによる対話は、一度入金をしていただくと、同じテーマにおいては、ご満足いただけるまで対話をしていただいているでしょう?
いつテキストを手に入れていただいてもいいのですか?
プラスの金額をいただくのは、いつですか?

内なる声 :プラスの金額をもらうということは、事前に読むということ。
だから、テキストとサポートは同時に申込んでもらおう。
あなたの言うように、複数の悩みをもっていて、テキストを2つ手に入れたい場合、プラスの金額を2つ分にすればいいだけの話。
何が難しいの?

ワタシ :では、全部読んでみたい人はどうすればいいのですか?

内なる声 :全部の金額をプラスすればいいだろう。

ワタシ :はー。( ̄○ ̄;)
では、テキストだけ購入をすることはできないというわけですか?

内なる声 :テキストを売る気はないと言ってるだろう?
わからないんだな。

ワタシ :う、うーん。。。(/・_・\)
でも、だんだんわかってきました。
サポートの一環としておこなうという意味が。
テキストだけを読んで満足することはできないということですよね。。。

内なる声 :そう。では、話を進めよう。
・・・というワケで、どうなることやらわかりません。
わかりませんので、だんだんわかっていくしかなさそうです。
ではまた、次回~。(⌒▽⌒)ノ

 
タイトルとURLをコピーしました