「内なる声」からの回答その26

秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ
「内なる声」からの回答です。

ワタシ :宜しくお願いします。

内なる声 :どうぞ。

<質問>
ユキさん、内なる声さん、こんにちは。初めて投稿させて頂きます。
先日、キャバクラ大好きな主人が店の女の子とキスしている場面をみてしまいました。(詳しいことは省きます)以前から、主人がキャバクラにいくことが嫌でしょうがなく、ただ店の中だけで帰ってくるわけではなく、アフターに行っていることが薄々わかっていたので朝帰りをしてくるときはいつもケンカのようになっていました。主人はただみんなと楽しく飲んでるだけと言っていたのに、たまたまその日がそうだったかもわかりませんが、なんだか切ないです。
でも、私が疑って不安に思っていたことが現実に現れたのかなとユキさんのいい気分ドットコムをみて、内なる声さんの回答をみて感じています。主人はもう二度とあのお店にはいかないし、酔っていたとはいえわからなくなるまで飲まないようにする!と言っています。私も不安な気持ちをもたないよう、悪い想像はしないよう、良い気分になれることを考えるよう、素敵な未来を考えるよう、自分が変われるようになりたいです。
でも、、、主人から会社の人と飲みにいくと聞いたら、『あの店にはいかないで!』と言ってしまいそう。。。信じていれば言わなくてもいいことですよね。100%信じるようにするために、今の私にたりないこととはズバリなんでしょうか?嫌な妄想がもくもくやってきたら、少しでも早く気分が変われるように良い言葉を呟いたりしていますが、もっと効果的な方法はありますか?助言頂けること心待ちにしております。
juju 07/0316:46

ワタシ : この質問にお答えください。

内なる声 : 質問は何?

ワタシ : え?えー…「100%信じるようにするために、今の私にたりないこととはズバリなんでしょうか?」

内なる声 : 信じなくてもいいのでは?

ワタシ : どうしてでしょう?

内なる声 : 信じる・信じないの問題ではないから。

ワタシ : では、どういう問題なのでしょう?

内なる声 : やめて欲しいのではないの?

ワタシ :何をですか?

内なる声 :何をやめて欲しいのだと思う?

ワタシ :キャバクラに行くこと。

内なる声 :それは本当?

ワタシ :どういう意味でしょう?

内なる声 :やめて欲しいのは、何かを食べに行ったり、飲みに行ったり、どこかに出かけたりすることかな?

ワタシ :いえ、ご主人が、ほかの女の人のいるお店に行くことを、楽しんでいるということだと思います。

内なる声 :やめて欲しいのは、ほかの女の人がいるお店に楽しんで行っていること?

ワタシ :うーん…「ほかの女の人と楽しんで関わること」じゃないかな…お店であってもなくても嫌なのだと思いますが、楽しんで関わることを仕事にしている女の人のいる店にわざわざ行くのですから、「嫌でしょうがない」ですよね。
「私が疑って不安に思っていたことが現実に現れたのかな」とおっしゃっていますが、これについてはいかがでしょう?

内なる声 :あなたの考えは、彼女のものとは少し違うのではないかな。彼女は、あなたのような考えをしているのではなく、「楽しく飲んでいるのみ」というのを信じられない自分について、考えるべきところがあると思っている。しかし、考えてみれば、「信じる」というか、「信じられないのだから疑っているのだろう」という気持ちを抑えておきたい自分に出会えるだろう。
つまり、信じられないあなたの気持ちがその現実を引き寄せたのではなく、信じられないので、信じるために必要である現実を引き寄せようとしていたと思って欲しい。信じるためには、疑いがあるかどうかを確認する必要をもっているからね。

ワタシ :ちょっとわかりにくいのですが、そもそも「信じる」というのは、何を指しているのでしょう?

内なる声 :だからね。あなたの考えはそこまでのものであるが、彼女の場合、もっと嫌な妄想をしてしまうと悩んでいるのでしょう?だから、そもそも「信じる」という問題ではなく、「何が嫌なのか」ということに正直に反応する必要を持っているのに、何も考えず「なかったことにする」ことにより、問題をなくそうとしているのが問題なのだよ。

ワタシ :「なかったことにする」ですか…?「主人から会社の人と飲みにいくと聞いたら、『あの店にはいかないで!』と言ってしまいそう。。。信じていれば言わなくてもいいことですよね。」という考え方が問題だということですか?

内なる声 :どうして「いかないで!」と言わないの?言えばいい。

ワタシ :そうですね。私も、言えばいいと思います。「いかないで!」と言えばいいし、「飲みにいくと聞いたら、嫌な妄想をしてしまうので困っている。いつも安心させて欲しい。いい気分で過ごせるようにしたいと思っているので、協力して欲しい。」と言えばいいと思います。そうしたら、ケンカになったり、もっと嫌な気分になると思っていらっしゃるのでしょうか?

内なる声 :そうしないのだから、嫌な気分になるとわからない?あなたが必要としているのは、「協力」であり、「信用」ではないのだよ。なぜなら、あなたが「希望していること」について、話しをしないでおけば、あなたの「希望」にとどまるだけとなるから。
「希望をせずにいること」が、あなたの心の中で安らぎを得る方法となっていないのを理解するなら、希望をし、協力を求める必要をもっている。希望しなければ、他の人間は他の人間の思うままの行動を、思うままに取ろうとする。それを邪魔する権利をもっているかと聞かれれば、もっているのではないといえるだろうが、あなたの愛する者にそう伝えて、「協力」を得る方法を理解するなら、あなたの考えは効率的になる要素をもっている。
「信じたい」という希望を伝え、そのことを理解してもらえたという満足感を得られるようになればいいが、そうしなければ、何も言わないあなたについて見受けられるのは、「信じたいが信じられない」という葛藤が抑えられなくなって、イライラしているのが伝わるといった具合になるかな。

ワタシ :具体的には、どのように「協力」を得る方法を理解すればいいでしょう?

内なる声 :それを考えて欲しいのだが、どうすればあなたは満足する?ご主人が「協力する」と言ったとして、あなたは何をお願いする?「協力をしない」ならば、あなたはご主人にどのように接する?「協力を得られた」という満足感を得るためのあなたの考えをまとめてみて欲しい。
あのね、あなたが信じていればいいのだと本気で思うなら、「飲みに行く」と言われたら、「わかった。信じているからね。」と言いなさい。あなたの気持がおさまるまで「信じられない」と思うなら、「信じられないので、信じていいよと言って欲しい」と言いなさい。どちらも言えないと思うなら、その理由を考えてみて、もう一度質問してみて欲しい。
このまま何もしないで、「いい気分になれる方法」を見つけたいのなら、そうしない理由を書いて、もう一度質問できるようにまとめてみて欲しい。話しはそれからにしよう。

ワタシ :わかりました。ではこの回答で解決できないところがわかれば、いつでも再質問してください。それでよろしいでしょうか?

内なる声 :根本的な問題を解決するという時期がやってきているからこそ、人は「困ったこと」に出逢う。そうすると、過去の知識や方法によっては解決できない問題であるがゆえに、解決法を見出すことを、困難とする。
しかし、あなたが望んでいることは、そのようにして現れ、あなたの「困ったこと」を解決する方法を理解するための成長を必要とした結果を生み出す。
つまり、「困ったこと」は、「困らなくなりたい」というあなたの望みを反映して、解決されるべく待っている。わかったかな?

ワタシ :はい。ほかにありますか?

内なる声 :また来週。

ワタシ :また来週(⌒▽⌒)ノ

 

この記事へのコメント(記事更新から30日以内)

  1. Juju より:

    内なる声さん、ユキさん、回答をありがとうございました。何度も何度も読んで自分なりに理解できたように思います。今まで、アフターには行かないで!という事や自分の不安な気持ちを主人に伝えてきましたが、『お前の考えすぎだ』と私が安心する答えをもらえず、結局ギクシャクしたまま話が終わっていたままでした。私も物わかりが良い妻を演じようとして、それ以上何も言わず私の勘違いね・・・と自分の中で消化不良のまま自分を納得させてきたのだと思います。
    でも、やはり思いは伝えるべきですね。それを協力してほしいというふうな発想は思い浮かびませんでしたが、まさしくそういうことだなと感じました。主人と話してみます。どのような答えが返ってくるかわかりませんが、またこちらか、対話のほうでお話しさせて頂くことになるかもしれません。ありがとうございましたm(__)m
    juju

タイトルとURLをコピーしました