個人サポートについて

秋元ユキです( ̄▽ ̄)ノ
個人サポートを可能にする有料システムの件ですが、手続きの完了がいつになるかわからない部分があり、開始が予定より遅れる可能性があります。
完成次第、お知らせしますので、よろしくお願いいたします。
それでは、「内なる声」にお話を聞きたいと思います。

ワタシ:本日は、どのように進めていきましょう。

内なる声:今回は、あなたと二人で少しお話がしたい。質問も入ったようだが、次回にまわさせていただくよ。あなたに話しておきたいことがある。

ワタシ:はい。なんでしょう。

内なる声:あなたは、これまでたくさんの質問に私が答えるのを聞いていて、どう感じたかな?

ワタシ:はい。とても感服しておりました。私にはとても答えられない回答ばかりだと感じ、たいへん勉強になりました。

内なる声:わかった。それで、この対話をはじめる前とあとで、あなたに変化はあったかな?

ワタシ:はい。あなたがこのように、はかりしれない理解力をもち、次々と優れた考えを表してくださるとは考えていませんでした。信頼度がかなり深まり、それにあなたならなんとかできるということを、もっと多くの人に知っていただき、ラクになって欲しいと思いました。

内なる声:なるほど。ずいぶん変わったようだね。この対話をはじめる前のあなたのセリフとはかなり違ってきた。そうなったのもこの対話のおかげなら、その他の者にも、このように変化が起こっていると思わないだろうか?

ワタシ:その他の者とは、これを見ている方のことでしょうか?

内なる声:そのとおり。あなたは、質疑応答を見て、聞いてその感銘を受けたという。これを見て、そのように感じている者はほかにもいる。「傍観者」がたくさんいるのだと知りなさい。

ワタシ:そういえば、そのようなことを「内なる声からの回答その1」で、最初におっしゃっていましたね。「傍観している者」とか・・・

内なる声:あなたはその意味を理解していなかったかもしれないが、私は最初から、ずっとそれらの「傍観者」の心の動きを眺めている。どういうことかわかるかな?

ワタシ:さまざまな悩みをもった、それぞれの方が、この質疑応答を眺めながら、いろいろ感じているのをわかっていらっしゃるということですか?

内なる声:そのとおりだよ。あなたはよく理解している。いいかな?このブログで回答できることなどはほんの少しのアドバイスにすぎない。まったく個人的なことについて、話を追いかけていくことができないからね。

ワタシ:話を追いかけていく、とは?

内なる声:あなたは私の言うことをよく聞きなさい。人の悩みには、それぞれの理由と、それぞれの原因と、それぞれの過去と未来の因果関係がある。私は、それについてここで話すことができないため、多くは曖昧に、本人にのみわかるよう促してみたり、全体的にわかりやすいように理論を説いてみせたりしている。
しかし、本人にとって、本当に必要なのはその苦しみの直接の原因であったり、彼らの考えの間違いどころを指摘することであったり、本人が忘れているようなことを思い出させ、それが原因なので取り除くようにアドバイスしたりする必要がある。わかるかな?

ワタシ:はい。ブログ上でそのようなことを話すことはできないという、その理由は何であるか教えていただけますか?

内なる声:まず、反発心が動く。ブログ上であるからこそ、言いたいことが言えない。聞けない。くやしいと感じる心が勝ってしまい、それ以上なにも言いたくなくなる。それにあなたが答えるのではなく、私が答えていることについて、何もわからないままに過ごすうちに待ちきれないという心が動く。それにやっと答えてもらっても、またすぐに答えが欲しくなる。なぜなら、曖昧な表現しかできないために、理解しにくい。

ワタシ:しかし、それを承知ではじめたのではないでしょうか?

内なる声:そのとおり。やってみないことにはそのことがわからない。それでかまわないと思う者もいる。しかし、そうではなく、本当に、根本的な解決を求めて欲しいと思っているのだよ。

ワタシ:個人サポートのお話でしょうか。

内なる声:ああ。そうだよ。私は最初から、このサポートを受けて欲しくて、このブログでの対話をはじめている。それを理解して欲しい。あなたは、そのつもりはなかったようだが、私はこれで、あなたがさらに多くの者を救えることを知っている。

ワタシ:いえ・・・多くの方を救うのは、あなたです。私はいつも、うまく回答を聞き取り、きちんと掲載できるかと、不安に思っているのです。

内なる声:いや、その必要はない。あなたは必ずうまく聞き取り、彼らに返答を与えられる。あなたは彼らを救うのであり、私はあなたを救う者である。そのことを、彼らにもよく理解して欲しい。あなたがここにいなければ、私は彼らに伝えられない。あなたはもっと自信をもっていいのだよ。

ワタシ:それにはまだ時間がかかりそうです。しかし、現在、個人サポート・システムの完成を急いでいます。これらは、ブログでの対話とはまったく違うのでしょうか。

内なる声:違う。あなたは、それがあなたの人生に光をもたらすものであると期待しなさい。あなたの悩みを私に書いてよこすこと。そうすれば、あなたの欲しいものが見つかるだろう。

ワタシ:「あなた」とは、これを見ている方のこと?

内なる声:「傍観者」たちだよ。わかるかな?

ワタシ:そこには、どういう意味があるのでしょう?

内なる声:彼らは、さまざまな心でもって、この対話を眺めていた。私は、彼らがどのような心の動きをしているか、わかっているのだよ。彼らが悩んでいるならば、その答えを与えると信じなさいと言っている。どんな時期にでも、そのことを理解したいと感じたときに、このサポートのことを思い出して欲しい。あなたが何かを感じているなら、あなたに必要なことだと理解しなさい。

ワタシ:彼らが私のホームページや、このブログを見つけてくださったことに意味があるのでしょうか。

内なる声:意味は、彼らが得ることであり、あなたが得ることを決めれるものではない。しかし、あなたが彼らをここに呼んだ。それは間違いないだろう。

ワタシ:あなたはずいぶん自信があるようです。。。私はあなたの能力が素晴らしいことを理解できていますが、個人サポートについて、満足できない方や、期待させておいて納得できないと感じる方も、中にはいるのではないかと思います。彼らにそうではないことを理解していただきたいと思うのですが?

内なる声:なるほど。私の言うことをよく理解してもらおう。あなたたちにすすめているのは、個人サポートであり、長期的サポートである。あなたはそのような1回の会話ですべてがすっきりと解決できるなら、こんなに苦労していないと感じることだろう。
私は、もっと人生を歩んでいく上での安心を与えたいと考えている。あなたがいうように、不満をもつ人間は、何を聞いても不満は解消されないだろうという先入観をもって臨むだろう。その心を解いていくのが私の役目であり、あなたは、彼らにそれらの事実を理解するようすすめていってはいかがかな?

ワタシ:わかりました。今日はそのことについておっしゃりたかったのでしょうか?

内なる声:いや、私がいいたかったのは、最後にお話したことだよ。
あなたはすでに、私ができること・しないこと・理解させたいことなどをわかってきている。しかし、彼らにはまだブログの回答しか目に入っていない。あなたは、彼らにこの回答と、サポートとはまったく違うということを話していなかったからね。

ワタシ:それほど、まったく違うものになる、ととらえるべきなのですか?

内なる声:そう。まったく違うことになる。あなたの心がまえも、整えておきなさい。

ワタシ:どのように違うことになるか、もう一度教えてください。

内なる声:あなたがこれまで答えてきた、回答とはまた違う。あなたの書き方も違ってくるし、離れた場所であなたが理解していないことをずいぶんと書く上で、意味が理解できなくなる可能性も高い。集中力をとぎすませ、彼らにベストな回答を与え、安心に導くことに勤しみなさい。そうでなければ、こなしていけない。
また、あなたの理解できないことであるからといって、ためらってはいけない。あなたは私の話すことをそのまま書き、彼らに返答する。彼ら自身にさえ理解していないことをわからせる必要もある。そのように、続く対話をかわしていく心がまえをもちなさい。

ワタシ:わかりました。。。他にありますか?

内なる声:いや、それでは、これを読んでいる者たちは、私が話したことを理解していて欲しいと思う。そのシステムが起動するのを、楽しみにしておいて欲しい。

ワタシ:個人サポート・システムですが、まだ手続き完了時期が把握できないですが、どうしましょう?

内なる声:かまわない。少し、遅れる場合もあるかもしれないが、待っていて欲しい。

ワタシ:ありがとうございました。

 

この記事へのコメント

  1. ジョニー より:

    こんにちは!いつもありがとうございます!
    システム完成が待ちどおしいのですが、それまでの間ひとつ質問したいのですが。
    魂が描いた目的と現在が違った場合は「引き寄せの法則」は作用しにくいのでしょうか?

  2. yuki より:

    こんにちは。今日はじめてこちらを知ったので・・・何かご縁があると思い質問させていただきます。
    「引き寄せの法則」というのは世界中にあるありとあらゆる不公平や困難な境遇のもとの生まれた人々のことを説明することができません。
    身体的に障害を持って生まれたり、インドの不可蝕民に生まれ一生便所掃除や死体処理を義務づけられた境遇や
    幼女が生まれた家の理由で売春を強いられたり、彼らが生きてるうちに引き寄せたわけではありません。
    これは生まれ変わりというシステムがないなら宇宙のシステムの公平性などないということになります。
    私たちの魂は死んでからまた何度も物質世界に生まれる自由はあるのでしょうか?
    また、私は他人を通してこのようなメッセージを知ることに対しもうウンザリしています。
    私は自分で直接、高次の存在の声を聞き質問の答えを知りたいのです。
    一体いつになったら、私は自分で明確に内なる対話をすることができるのでしょうか。

  3. Meg より:

    はじめまして★
    Megと申します。
    おなすさんのHPから、此方のブログを発見しました。
    1つ「内なる声」様に聞いていただきたいことがあるのですが、よろしいでしょうか?
    もうかれこれ4年程、不妊治療をしてました。
    今は、ちょっと離れようと思って、何もしていないのですが、不妊治療で沢山の薬と注射を投与し、自分の身体を酷使してしまった結果、あんなに自然と来ていた生理がパッタリ来なくなってしまい、最後の方の治療では、薬で生理を起こさせていました。とりあえず、今は半年程、病院には行かず、身体を休ませてあげようと、何もしていません。
    去年赤ちゃんが産まれた子で、その子が通っていた病院(今まで私が通っていた病院とは別の病院)で、すごく良いよ。(その人に合った身体になるべく負担をかけない治療をしてくれるので)と、紹介をして貰ったのですが、今後、その病院に行って、また治療を再開するか、若しくは、このまま何もしないでいる方がいいのか…迷っています。
    時に焦り、不安に苛まれ、どうしようもなく落ち込んでしまう時もあれば、逆に、大丈夫!って、すごくプラスになる時もあります。なので、その瞬間・瞬間で迷ってしまうのです。今は、ホ・オポノポノをどんどん実践して、ゼロにするよう心掛けていますが、「内なる声」様のご意見をお聞きしたく、よろしくお願いします。m(_”_)m
    全ての出逢いに感謝。

  4. ちな より:

    秋元ユキ様、内なる声様 はじめまして。
    このような場を設けて頂き、またここと出会えたことに
    感謝します。ありがとうございます。
    不躾ですが 質問をさせて頂きます。
    ここ数ケ月でココに書かれているようないろんなことが理解出来、自分の意識も随分と変化し、だんだん『いい気分』でいる時間も長くなって、心も落ち着いてきていると思います。
    私もハイヤーセルフの声が聞こえるようになりたいと思っています。
    『いい気分』でいる以外に私が心がけておくことは何かありますか?
    ハイヤーセルフは何か言っておられますか?
    ユキさん、大変なこともあるかと思いますが 漠然としか存じ上げませんが やろうとされてることは素敵なことだと思います。
    きっとユキさんもここに訪れる人も豊かになるだろうと思います。
    くれぐれもご自愛くださいませ。

  5. ふるーる より:

    秋元ユキ様、内なる声様、ご回答ありがとうございました。
    もう繋がっているんですね・・。
    最近「見ようとするな、感じて下さい」と言われたような気がしているところでした。、
    恐らく、大方の人が思っていることかもしれませんが、どうして「自分の」ハイヤーなのに、自分で直にわからないのだろう、チャネラーという他媒体を通してでしか、答えを得られないのだろう、ともどかしく思っていることと思います。これは、ユキさんのように、セルフで対話できない者は、「

    ワタシには無理・・」と思い込んでいるからですか?
    ユキさんは、セルフに愛されています、他の皆も、セルフに愛されているんですよね・・?