ブレるわけにいかない。

秋元ユキ
秋元ユキ

私はいま、「いい気分ドットコム」の個人サポート『人生を変える対話』をご利用される方のために、いろいろな企画を進めようとしています。管理人が話を聞くことのできるスピリチュアルな存在(「内なる声」と呼んでます)との対話の更新です↓

 

ワタシ :『5分でいい気分になれる講座』のリニューアルが完了し、来週から、『宇宙一のそもそも論』のリニューアル企画を開始しまーす。
φ( ´ ▽ ` )/

内なる声 :あ、そう。リニューアルは順調なんだよね。

ワタシ :そうですねー。まあ、このままリニューアル企画と共に進めれば、8月下旬にはそもそも論も仕上がってる感じになるかと・・・
それにしても、『5分でいい気分になれる講座』はだんだんレベルが上がってすごかったですが、『宇宙一のそもそも論』はまた格別ですよね。
もう人間ワザじゃない。うん。

まあ、それは置いといて、、、
問題は、夏頃に再開予定の体験記まんが連載でしょ。
ハイハイ。わかってますよ。
φ( ̄ω ̄;)ノ

内なる声 :それで、どうなってる?

ワタシ :えーーーーーーと。
φ( ̄^ ̄;)o

いま、構成を練り練りしてます。
体験記まんがなので、描きたいことはすでにあるわけなのですが、このまんがは描き方・表現の仕方が難しいですからね。

内なる声 :表現の仕方は心配していない。
問題は、描き切れるかどうかだよ。

ワタシ :そ、そうなんですよね。。。
そもそもこのまんがを描く目的って、伝えたいと思うことが、文章だけではなかなか伝わらないからなんですよ。まんがというツールを使ってわかりやすくしたり、疑似体験をして考えて欲しい・誤解を解きたい部分が多々あるから・・・というところが大きいのです。

私は、現在の私と同等の知識や視点をもって、話ができるようになる機会を増やしたいと常日頃から思っているのですが・・・それを目標とすると、過去10年分の経験を、やはりまんがでわかりやすく説明することが大切だなと思うのです。
そうすると、最初の1~2年の話が描き切れるかどうかが勝負なんですよ。
そこで私の価値観がガラッと変わったのですから、そこまでをまずは描き切ることができないと・・・

・・・って、読んでいる人は何言ってるかわからないでしょうね。
スンマセン
φ(^._.^)

内なる声 :いや、続けてごらん。
それで、どう考えてるの?

ワタシ :つまりですね、、、
いま現在、すでに描けている部分が「第一部」だとしますよね。
(第一部の体験記まんがを一気読みされる方はこちら

第一部を要約すると、こんな感じです。↓

「いい気分ドットコム」の開始。なぜか秋元ユキに起こった不思議なことと、ユキの行動の動機を説明する部分。スピリチュアルな存在に対して、皆が誤解しているような部分が浮き彫りになってくる。(ユキもよくわかっていない)
ある日、スピリチュアルな存在が、ブログコメントで直接質問してきた人への回答をするという意思を明らかにした。

 

・・・というところで、いまは連載をお休みしているのですが、ここから第二部、つまりスピリチュアルな存在の回答とか個人サポートが始まるとして・・・私にとって一番描くのが難しいのが第三部なんですよ。
この第二部と第三部を描き切れるかどうかが、勝負なんですっ。
うぅ不安・・・(/・_・\)

内なる声 :描き切れたら、どうするの?

ワタシ :え?描き切れたら?
・・・そりゃあ後は、比較的ラクにはなるだろうなとは思います。
第四部以降で、私の考え方がどう変わっていったかというところが描けないといけないし、その後も、ハイヤーセルフの説明とか、ちゃんとできなきゃならないと思うので大変でしょうけど・・・、とにかくブレずに、その辺りまで描けるかどうかなんですよね。

内なる声 :それで、描けないと思ってるの?

ワタシ :いや、描いてみないと、どう描けるのかがまったくわからないんですよね。
だから、「いけるな」と思うとこまで描いてみないと、出せる状態にはならないかと・・・

内なる声 :あなたは、描き切れるかどうかを悩んでいるのだろう?
描き切ってから、出すわけにはいかないのでは?

ワタシ :そ、そうですけど、ある程度いけそうだと思うところまで描いてみないと、連載は再開できませんよ・・・
φ( ̄△ ̄;)

内なる声 :いけそうだと思う必要はないよ。
あなたは、自分のことを描いているのだろう?
あなたのことを描けばいいだけなのだから、誰にも左右される必要はない。

ワタシ :・・・そ、それを「ブレない」って言うのでしょうけれど、毎週まんがを更新していくたびに、そこだけを切り取って読んで、誤解する人も生まれるんですよ。
そう思いませんか?

現在の私が、本当に何を伝えたいのかは、現在の私にしかわかっていない。
それでも描くとして、描けば描くほど、「私が伝えたいことがちゃんと伝わることがあるとしたら、10年分を描き切ったときでしかないのかも・・・」という葛藤も生まれていくことになります。
そもそも誤解を解くことなどできないと、あなたはいつも言うじゃないですか。
だから、私の目標としていることは、そもそも無謀なのかもしれない。
φ(´・ω・`) b

内なる声 :変なことを言うんだね。
早く描いてしまおうとすればいいのに、「過去を描いてもどうせわかってもらえない」と言いたいのかい?

ワタシ :いえ。そうではないですが・・・
過去の私と、現在の私は違います。
その成長こそを描き切らないと、意味がないのでしょう?

描き切るにはかなりの時間がかかるので、ブレずにいるべき時間も相当になります。
描けば描くほど、誤解が生まれ続けそうにも思える状況の中で、順番に・わかりやすく・いまの私が理解しているところまでを描き切れるまで、ブレるわけにいかない。
私には、その自信がないのです。
φ(_ _ )m

内なる声 :ややこしいことを考えなくていい。
あなたはつまり、第三部まで描いたところで、ラクにはなれないと説明しているに過ぎないよ。

ワタシ :∑(・ω・;ノ)ノ

そ、そうか・・・そうですね。
ああ、そうなのか・・・結局、わかってもらえるとか、ラクになれるのではない。そこを目標にするのが、違うのかもしれませんね・・・それでも、体験記まんが連載を始めたことで、反応が変わった実感は確かにあるので、これを続ける方向で行くつもりですけど・・・

内なる声 :あなたが言いたいことは、私はわかっている。
私がわかっているのだから、大丈夫だとは思わない?

ワタシ :そうですね。あなたの助けがないと、、、描けないのでしょうね。

内なる声 :だから、早く描こうとしなさい。
いまの悩みは、描かないと解決しない。
解決する日は遠いけれど、確実に解決する方法は、描くことだ。
そうだろう?

ワタシ :はい。そうですね。。。
でも、解決する日は来るのでしょうか?

内なる声 :解決するから大丈夫。それを、信じなさい。

 

というワケで・・・
来週から、リニューアル企画を再開しつつ、まんがの件もなんとか進めていきます。

宇宙一のそもそも論』の記事内容を、ツイッターfacebookページで、毎日1ページずつご紹介していきます。
あなたもぜひフォローして、「いい気分」をリマインドしてくださいね♪

 

個人サポート『人生を変える対話』は、その間もずっとやっておりますので、ぜひぜひあなたも、ご自身のタイミングで、対話をしてみてください。

「内なる声」は、あなたのことを理解して、お話されます。
あなたのハイヤーセルフのことを踏まえた、適切なアドバイスを受けることによって、これまでになかった発想と、考え方を変えた自分に出会うことができます。

自分自身で解決することが難しかった問題やヒントとなることが欲しい問題・以前から悩んでいること・これから考えようとしていることなど、「内なる声」と対話をすることにより、さまざまな気づきを得ることが可能になります。

詳細はこちら

ではまた次回~。(⌒▽⌒)ノ

 
タイトルとURLをコピーしました