人間関係についての理論

秋元ユキ
秋元ユキ
いい気分ドットコムの秋元ユキ(@yuki_i_kibun)です。
スピリチュアルな存在との対話の更新です↓

秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ
私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするため、いろいろな企画を進めようとしています。

ワタシ :個人サポート・システムは、来月末で8周年を迎えます。
φ( ´ ▽ ` )ぴかぴか(新しい)
対面による対話も再開したことですし、公式ガイドブックを新たに作成して、ダウンロードできるようにしたいと考えています。
最近は、個人サポート・システムを利用されながら、どんどん行動していくことの大切さを理解されている方が増えていると感じているのですが、まだ誤解されている方も多いと感じられます。
だから、誰にもわかりやすくなるよう仕上げたいのですよ。

内なる声 :私は、それをもっと考えたほうがいいと思うよ。
もっといろいろ工夫して、わかりやすくするのがいいと思う。

ワタシ :はい。それから、前回のブログでいろいろやりたいことがあると話していましたが、もう一つ進めたいことがあります。
著書『セルフより愛を込めて』に続き、キンドルで『「いい気分」を目指す人が読む書籍』を発表しておりますが、この2冊でだいたい物事の基本的なところをどのように考えればよいのかということがわかると思うので、2冊目のあとがきに書いたように、今後は新たな理論を取り上げた書籍を作成していきたいと考えています。

内なる声 :うん。それで何を書くつもり?

ワタシ :人間関係についての理論です。
いい気分ドットコムでは、『5分でいい気分になれる講座』において、「嫌いな人」にさようならなどの理論を発表しています。
この「嫌いな人」というキーワード検索でいい気分ドットコムにたどり着く人がとても多く、このコラムに感銘を受けたとメールをいただくことも多いのです。
つまり、人間関係に悩む人は、「嫌いな人」や「苦手な人」との距離の取り方がわからなかったり、対処の仕方がわからなかったり、人間関係をどのように考えたらよいかがわからなかったりしていると思います。
私を含め、それらの悩みをもつ人々の一助になれる書籍をつくることができたらと考えているのです。

内なる声 :一助になるか。
それよりも、人間関係そのものを考える必要がないと、考えてみてはどうだろう。

ワタシ :えっ∑(・◇・;ノ)ノ
人間関係そのものを、考える必要がない?
そ、そんな。。。
それじゃあ、本にならないのでは・・・

内なる声 :人間関係の本を書くのはかまわないけれど、本を書くのに必要なのは、人間関係が楽になるための知識だろう。
だとすれば、「人間関係をどうするべきか」を、ああだこうだと述べるのではなく、「いかに人間関係をどうにかしようとすることが無駄か」ということを、書かなければならない。

ワタシ :ほ、ほうほう。。。φ( ̄○ ̄;)
それはまた、面白そうですね。
そういった知識をインタビューして、書籍にまとめたいです。
あなたにインタビューを開始してから、書籍ができるまでにはいつも時間がかかるので、早く次の作品に取り掛かりたいと考えているのです。

内なる声 :人間関係というのは、相手の気持ちがさっぱりわからないから不安になるのかもしれないけれど、相手の気持ちなど、わからなくても大丈夫。
そう思える本になればいいと思う。

ワタシ :な、なるほど。(´・ω・`)
その書籍を、ぜひ書いてみたいです。
それと並行して、他のこともいろいろ進めていきます。
(`0´)ノ オウ!
・・・というワケで・・・
次回の書籍インタビューの内容も、面白くなりそうです。
個人サポート・システムでは、土日祝日に「対面による対話」の受付をおこなっています。
場所は、兵庫県「三ノ宮」駅から電車で20分程度の、海の見えるサロンを予定しています。
詳細は、お申込みの方にメールでお知らせ致します。
あなたとお会いできる日を、楽しみにしています。
(⌒▽⌒)ノ

 
タイトルとURLをコピーしました