もうすぐ6周年

秋元ユキ
秋元ユキ
いい気分ドットコムの秋元ユキ(@yuki_i_kibun)です。
スピリチュアルな存在との対話の更新です↓

秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ
私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするため、「いい気分」に関する書籍をつくるという企画を進めようとしています。

ワタシ : 今月の末で、個人サポート・システムも6周年になります。
早いものですねぇ。
私もずいぶんこの仕事に慣れてきましたよ。。。
φ( ̄ー ̄ )シミジミ

内なる声 :何の6周年?

ワタシ :あなたと個人サポート・システムを開始して、ご相談者の方とメールのやりとりを始めてから、今年で6年です。
よくこんなことを、6年も続けてきたなぁとは思うのですが、、、
でも、アレですね。読者の方にはまだまだ伝わってないことが多いのが現状かもしれませんねぇ。
φ( ̄ω ̄)

内なる声 :何を伝わってないと言ってるの?

ワタシ :うーん、そうですね。。。
あなたとの対話をおこなうことによって、前に進めるようになるっていう気持ち良さとか、早く前に進もうとしたほうがいいっていう、そのこと自体がまだまだ伝わってないかなと。。。
φ( ̄^ ̄)
とにかく私は、個人サポート・システムのことや、あなたのことを信頼して、理解して、ご自身が早く前に進もうとしてくださるにはどうするのがいいのかってことを考えてきましたが、やはりまだ伝わっているとは言えないなと。
無料の情報を大量に出しても、有料の本を出しても、テキストをつくっても、メルマガやブログを更新し続けても、無料モニター制度を取り入れても、きっと伝わってないことがたくさんあります。

内なる声 :そうなの?どうして?

ワタシ :そうですね・・・やはり対話がうまく進まない方もいらっしゃいますしね。そもそも前に進もうとしていないと思える文章を書いていらっしゃる方とか・・・そういうのを見ると、システムの主旨がまだまだ伝わってないかなと思います。
あと、お試しプチ相談や公式ガイドブックのお申込みの際に、簡単なアンケートに答えていただいてるのですよ。
「システムへのお申込みに不安があるとすれば、どのような点ですか?」というような質問にお答えいただいているのですが、いまだに「だまされるのではないかと不安」とか「なんか勧誘してくるんじゃないか」とか書く人がいるんですもん。
もうこれ以上、信頼していただくための努力はできませんってぐらいいろいろしてきたつもりなのに、なんだそれって思っちゃいます。
だって、ホームページの内容とか、著書『セルフより愛を込めて』を読んで感動しましたって書いてある人ばかりなのに、「でもだまされたらどうしよう」って、なんじゃそら。
それって、どうやってだますのよー???
ヾ(≧へ≦)〃

内なる声 :はあ?何言ってるの?
あなたは、あまりわかってないね。

ワタシ :えっ∑(・ω・;ノ)ノ
な、なんですか。なんですか。
何をわかってないのでしょう?

内なる声 :そもそも、「だまされるかもしれない」と言ってる人の心境をわかってない。
「だまされたくない」と言う人は、だまされたことのある人だよ。

ワタシ :・・・・( ̄○ ̄;)・・・!
あ、な~るほど・・・
こちらの問題じゃなくて、「そちらの問題」なのですか。。。

内なる声 :まあ、あなたがそのように誤解するのはわかるけど、あなたの考えるべき点が違うっていうこと。
あなたが信頼を得たいと言うのは、どういう点において?

ワタシ :どういう点かというと・・・そうですね例えば、自分が一人で行き詰まってるなと思うときに、できるだけ早く前に進みたいって思う人はたくさんいると思うのですよ。
だけど、悩んでばかりで前に進もうとしていないこと自体に気づいていなかったりする。悩むべき点を間違えていたりする。何かに頼ろうとしたり、行動しようとしていなかったり、わかっていないことをわかろうとしていなかったりする。自分で何でもやってみようとしていない状態。自分がそうだったから、よくわかるんです。
だから、それを変えなきゃいけないんだって知って、その状況を脱するための一つの手段として、個人サポート・システムのことを理解して、信頼してご利用いただけるようになればいいなって、そう思うのです。

内なる声 :そう思うのに、どうしてできないの?

ワタシ :いや、できないんじゃなくて、できてますよ。
できてから、6年たつってゆー話をしてるんですけどもー・・・
φ( ̄▽ ̄;)/
・・・まだまだ伝わってないことも多いなあって、そう思ってしまうんですよね。

内なる声 :できてるんだか、できていないのだか、わからないね。
もっとできればいいということ?

ワタシ :サポートを受けてみたいと思うのであれば、対話を開始すること自体には、もうそろそろ悩んで欲しくないですよね。
私はこれから、早く前に進もうとしたほうがいいっていう、そのこと自体をわかっていただくための書籍をいっぱい書きたい。そう思うんです。

内なる声 :7年目の決意ってこと?

ワタシ :そうですね。
単にそういうことなのでした!
φ( ´ ▽ ` )
・・・というワケで・・・
だましませんので、安心してください(笑)
おかげさまで、もうすぐ6周年。
これから、もっとわかりやすくするための努力をしていきます。
ではまた、次回~。(⌒▽⌒)ノ

 
タイトルとURLをコピーしました