嫌なものは嫌!

いい気分ドットコムの秋元ユキ(@yuki_i_kibun)です。
スピリチュアルな存在との対話の更新です。

秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ
私はいま、個人サポート『人生を変える対話』をご利用いただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするためのテキストをつくるという企画を進めようとしています。
※テキストの仮題=「対話のススメ」
「内なる声」との対話の更新です。

ワタシ :個人サポートを運営していると、たくさんの方が対話をして、多くの「気づき」を得てくださっていると感じる一方で、うまく対話が進まない方や、トラブルに発展しそうになるケースもあって、日々いろいろなことを考えさせられます。
考えてみれば、、、
『人生を変える対話』をしてみませんか?なんてとんでもないことを管理人である私が提案しているところから始まって、「じゃあ、やってみようかな」と思う方が申込んでくださって、名前とメールアドレスを入力していただいたなら、さあ対話をしましょうということでそこからは「内なる声」におまかせして、メールでのやりとりを重ねていく。
そんなことを、もう5年以上も続けさせていただいております。
そりゃあいろんな人がいて、そりゃあいろんな悩みがあって、ちょっと考えてみればわかるようによっぽど悩んでいる方もたっくさんいらっしゃるわけでして、そりゃあどこから文句が飛び出すことかもわからず、かと思えば涙してよろこんでくださる方がいるわけで、そんなこんなをたくさん見守りながら私は、日々真剣にお仕事に取り組んでいるのです。
・・・だけど私は、本当は、
「内なる声」がこのシステムにおいて「納得するまで・理解できるまで対話をする」という、他にない素晴らしいルールを真っ向から設定されているにもかかわらず、どうして「対話がうまくいかない」ということが起こることなどあるのだろうかということの意味を、一人一人の方に、ぜひ考えていただきたいと思っています。

内なる声 :なるほど。例えば、どんなふうに?

ワタシ :例えば、当システムでは「納得できないので、もっと話をして、理解したいのです」とおっしゃるのであれば、いくらでも再質問ができますよというルールを設定しているにもかかわらず、
「納得していないので、話をするのをやめます」というふうに文句を言ってくるような方がいました。
それは、どうしてなのだと思うでしょうか。
それから例えば、当システムではもしもメールのやりとりだけでは伝わりにくいことがあるのなら、電話で直接お話することもできますよというルールを設定しているにもかかわらず、
「メールによる対話を、進めることができない」と言って、文句を言ってくるような方もいました。
それは、どうしてなのだと思うでしょうか。
どんなルールを設定しても、改善できないことがあるのは、なぜでしょう。
それで私は、そうか皆が皆、対話をして新たな考えや教えを学ぼうとか、自分のために工夫してみようとか思っているわけではないのかもしれないけれど、それにしても、「自分にとっていい答えをもらえそうにないのだから、もう結構!」などの意味合いのことを平気でおっしゃってくる方が、本当にいるものだなあと思って見ています。

内なる声 :あなたは、それが嫌なの?

ワタシ :はい。(´・_・)
私は、とっても嫌です。
だって、あなたとの対話は、本当に素晴らしいものになり得るのに、「人生を変える対話」になり得るのに、そういった誤解をされてしまうと、もう台無しなのです。
そんなふうに誤解しているから人生が変わらないのかなということに、気づいていただくことがもうできなくなってしまうので、やはり嫌なものは嫌なのです。
だけど嫌なのだと言ってても仕方がないので、私は、あなたとこれまでにもそうしてきたように、きちんと理解を進めたい方のことを中心に、考えていくのがいいと思います。
つまり、あなたもそう言っていたように、「できることならうまく対話を進めて、きちんと理解したいのだ」と思っていらっしゃる方の助けになれることを第一に考え、「対話のススメ」テキストの作成を急ぎたいと思っています。

内なる声 :うん。早く完成するといいね。

ワタシ :・・・それで、あなたが「対話をする」ということについてお話してくださった原稿がすでに80ページほど手元にある状態なのですが、そのテキストの編集について確認したいのです。
全体の構成を考えてみたのですが、これでいかがでしょう?
テキストの全体像を、このようにご紹介することによって、「対話をする」ということの目的を理解していただけるようにもなるかなと思っているのですが・・・

第1章 行動するための対話を始める
第2章 対話をすることの目標を定める
第3章 目標に沿ったことを納得するまで話す
第4章 「うまくいかないこと」の考えの違いを知る
第5章 考えを変えるかどうかを決める
→ 前に進むために動き始める。

内なる声 :あなたが決めたの?

ワタシ :え?・・・いえこれは、あなたがいろいろ話をしてくださった文章の全体を見ながら、言葉を抜粋してこういう順番はどうかと、考えてみたものです。
ただ、第2章の「対話をすることの目標を定める」という題名をもっとわかりやすくしたほうがいいのかなと悩んでいます。
テキストの中であなたは、目標というのは「いまとは違った考えをもつようになること」など、漠然としたものであってもかまわないとおっしゃっていますが、それが伝わりにくく、必要以上に難しく考えてしまわれる方もいるかもしれないと思って・・・

内なる声 :第2章は、「対話をすることの目標を定める」ではなく、「対話をするということの意味を知る」にして。

ワタシ :えっ・・・φ( ̄○ ̄;)
じゃあ、第3章は?

内なる声 :「対話をすることの目標を定める」

ワタシ :あれっ・・・φ(・ω・ )
そうスか。。。では、第4章は?

内なる声 :「納得をするまで考えを話す」

ワタシ :第5章は?

内なる声 :「改善すべき点を見出す」

ワタシ :はー・・・では第6章は?

内なる声 :ない。行動に移せたらそれで終了。

ワタシ :えーと・・・φ( ̄^ ̄)
あっ、第1章は?

内なる声 :「行動するために対話を始める」

ワタシ :・・・あ、「行動するための」ではなく、「行動するために」ですか・・・
では、こうですね。

第1章 行動するために対話を始める
第2章 対話をするということの意味を知る
第3章 対話をすることの目標を定める
第4章 納得をするまで考えを話す
第5章 改善すべき点を見出す
→ 行動に移せたらそれで終了。

なるほど・・・
目標を定める前に、このテキストで「対話をする」ということの意味を知っていただくということでしょうか。。。

内なる声 :目標を定めることができない人は、対話をすることができない。
だから、対話をすることの目標を定めることのできない人のことを考えるのではなく、この構成を伝えることを中心に考えればいい。
では、それで進めよう。

・・・というワケで・・・
この構成で、「対話のススメ」テキストの編集を進めていくことになりました。
がんばりまっす! ε=ε=┏( ・_・)┛
ではまた、次回~。(⌒▽⌒)ノ

 
タイトルとURLをコピーしました