疑わない心

秋元ユキ
秋元ユキ
いい気分ドットコムの秋元ユキ(@yuki_i_kibun)です。
スピリチュアルな存在との対話の更新です↓

秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ
私は最近、朝起きた時に、前日までの作業の内容が走馬灯のように思い出され、「今日はあの部分を進めるゾ」という気持ちと共に起き上がる、という経験をしています。晴れ
夜眠る時は、「もっと作業を続けたいけど、仕方ないから明日にするか」と、次の日にしたい作業のことを考えて寝てるので、きっと朝にその記憶が一気によみがえるのだと思います。
なかなか充実した感覚です。
というワケで、「内なる声」との対話の更新です。
※私は現在、「自分」のことや、ハイヤーセルフのことについて、わかりやすく表現した書籍をつくるということを進めています。

内なる声 :それで、どんな感じ?

ワタシ :いやー…あいかわらず、難しいですよ。
うまく頭の中を整理しながら進められる方法を探っています。
作業をしていると、毎日飛ぶように時間が過ぎています。
自分のやりたいことがわかってくるほど、そのイメージを現実にする作業への苦労もついてくるのですね…。
以前と違うところは、「うまくできない」というところで、立ち止まっていることがなくなったことです。うまくできないことを、うまくしたいと考え、工夫してやってみるということを繰り返しています。

内なる声 :そう。それで、あなたの考えは良くなっているのだとすれば、自分の変化に気づいたことによって、自信をつけているということなのでは?

ワタシ :自信…?( ̄^ ̄)
うーん、でも別に何が変わったということもないんですよ。
理解が進んでいるということは、「苦労しなくていい」ということではないですね。
何もスイスイできるようになったわけではなく、あいかわらず、難航したり、行き詰まったりしながら、進むのも遅いしなァ。
ただ、不安はなくなったと思います。
だけど、「自信」なんてないんじゃないかな…?

内なる声 :そんなふうに自分の考えが述べれるようになっているのだから、変わっているのでは?

ワタシ :え?(´・ω・`)
そうですか?前はどんなんでしたっけ…?

内なる声 :そうだな…
「うーん、どうしよう」
「他にいい方法があるのかなあ」
「大丈夫かなあ」
「これでいいのかなあ」
って感じかな。

ワタシ :そうか…。( ; ¬ ー ¬ )
なるほど。そういうのはなくなりました。
以前は、そういう考えをもっていたってことを忘れてますね…。

内なる声 :じゃあ、それがあなたの「自信」だとして、あなたが得ているものが、何を生んでいるのかわかる?

ワタシ :何を生んでいるか…?
自分が何を生んでいるか、ですか…。
うーん、わからない。どういうことですか?

内なる声 :あなたが、その完成を認識し、自分の行動を選んでいるのだよ。
つまり、あなたが、その完成のための案を生んでいる。
あなたにとって、その完成に近づくための案がいま、あなたの頭の中に生み出されている。
あなたの考えることは、すべて「その完成が良くなるためにおこなう案を生むにはどうすればいいか」ということになっている。
だから、あなたがいましようとしていることは、面白いと感じる。
あなたの考えが、どういう気持ちにおいて動いているかによって、あなたの心の満足は変わっている。
それを、自分のイメージに向かわせる力という意味において、「疑わない心」という。
つまり、「自信」と呼ぶのでは?

ワタシ :はー…。( ̄□ ̄:)
自分がそこに向かうことを疑ってないから、そう呼ぶのか…。
私の場合、「自信」をつけるためには、理解が進むということだけでよかったですね。
あなたは、最初からそう言ってましたが…
私は、もっと完成に近づくまで、自信なんてもてないと思ってました。
最後まで、「どうなるかわからない」という気持ちが続くように思えてました。
まぁ、モチロンまだわからないですけども…

内なる声 :そういう気持ちの揺れを感じないためにすることとは、「あなたが何をしようとしているのかということが、あなたの心に明確になること」のみを目指せばよい。
つまり、「自分が何をしようとしているか」ということさえ見えていれば、その手段はあなたが生み出せる力をもっていることに気づく。
なぜなら、そもそも、、あなたがそのしたいことを形にすることを選んでイメージしていることならば、その手段を生み出す力をもっているからこそ、そこに向かおうとしていたことだから。

ワタシ :形にすることをイメージできるのなら、それを生み出す力は最初からあるものなのでしょうか…?

内なる声 :「イメージする」ということは、あなたがこれまで培ってきた力のもとに成り立つ映像に等しいのであるから、「そのイメージが明確にできる」ということは、「あなたの力が及ぶ」ということ。
あなたが「それをイメージできない」ということは、「あなたの力の及ばないことを考えている」ということ。
そういう自分の考えを形にするに相応しいところに向かっているのかどうかを、きちんと判断しないとね。

ワタシ :なるほど。難しいですね…。φ( ̄_ ̄ヾ)
…関係あるかどうかわからないのですが、書籍の制作に加え、最近のメルマガの内容がすごく難しく、完成させるのに、ものすご~く時間がかかっているんですよ。
これから、もっと難しくなるのかなァ。…あなたは、どう思ってますか?

内なる声 :どうかな。
あなたの成長と共に進んでいく。
あなたは、もっと前に進んで行こうということだけ考えていればいい。
「どうしよう」とか、「大丈夫かなあ」というのは、無駄だと思わない?

ワタシ :そうですね…。
いろいろなことに「自信」をつけていきたいと思います。

内なる声 :では、また。
…というワケで…
…とにもかくにも、進んでいくしかないっスね。
進んだ先には、何があるかな?
ε=ε=┏(;  ̄ー ̄)┛ミニイッテヤル

 
タイトルとURLをコピーしました