やり方の中に工夫を入れていく

いい気分ドットコムの秋元ユキ(@yuki_i_kibun)です。
スピリチュアルな存在との対話の更新です。

秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ
雨が降ったりやんだりしておりますが、涼しく過ごせてよいですね。
最近なんだか新しいアロマポットが欲しくなって、こんなものを買ってしまいました。
●アロマファウンテン~幻想的な7色グラデーションライト~
これ、いいんですよ。ほわぁ~とミストが漂って。
アロマポットとしても使える超音波加湿器♪
…えっこの梅雨どきに、なぜに加湿器?∑(・ω・ノ)ノ
などというつっこみなどは、耳に入らぬほど超お気に入り!
というワケで、「内なる声」との対話の更新です。
※私は現在、「自分」のことや、ハイヤーセルフのことについて、わかりやすく表現した媒体をつくるということを進めています。

ワタシ :ゴールデンウィークに、あなたにお話していただいた内容をまとめはじめて、はや一ヶ月ちょっと。
いまさらながら、そのお話の内容の濃いことに、驚いている今日この頃です。
前回の対話で、もっとステップをすみやかに踏んでいくようにと言われましたが、やっぱりこの進め方しかできなくて…このまま最後までまとめて把握した後、足りないところの話をしていきたいと考えています。
まだ要領が悪いのかもしれないですが、あなたに言われていた、「中心となるところ」も、見えてきているような気がしているのですよ。

内なる声 :うん、中心となるところはどんなとこなの?

ワタシ :いままで、「自分の中心としたいところ」を探すようにしてまとめ作業をしてきたのですが、中心としたいのが何かというと、「自分が、何について考えを正したいのか」というところであったのだとわかりました。
ゴールデンウィークにあなたと話をしていたときにはわからなかったけれど、自分がその後、自分の生活をしながら、このまとめをしているうちに、あなたの話の内容そのものを、いまの自分の考えとの差として見てみようとするところが大切であるのだとわかってきたと思います。
例えば、ハイヤーセルフというものの一つの考えを中心にしたいのではなく、自分が普段からおこなっているものの考え方を見直すということが、可能になる媒体ができればいいのだと思う。
つまり、中心となるのは常に「自分がいまどのように進んでいるのか」というところを見ようとする行為そのものではないかと感じるようになっています。
だから、その気持ちを中心にして、自分の納得いくものへと進めていけるのなら、それがこの媒体を仕上げるというところにいくものだと思う。
あなたの言っていることを理解してまとめ、それをどう表現するかという判断に終始するのではなく、あなたが話されたことについて、自分が何を得られるのかというところが見えるまで、きちんと追求していきたいと思っています。
その前に、まだまとめ終わってないため、それを追求できるところまでいってない、という話に尽きるのですが、これ以上歩みを早める方法というのが、思いつかないので…
あなたは、このやり方や、ステップを踏んでいくのが遅いと言われてましたが、他にどんな方法があるのですか?

内なる声 :他にあるのではなく、そのやり方をしようとし始め、そして、少しずつ見えてくるという進み方が、遅いといっている。
あなたは、確かに毎週きちんと歩みを進めてはいるが、その進み具合が早いとは思えない。
なぜなら、あなたの考えの中、いちいち「どうしたらいいのだろう」という迷いが入ってくるため。
例えば、ここまで来るのが大変だったとして、「このやり方しかできない」と思うのであれば、とにかくどんどんやればいいと考えればいいものを、あなたとは、「このやり方はどうなのか?」といちいち迷っている。
そういう迷いがなければ、すんなりここに来れているのでないの?

ワタシ :確かに、迷いながらもこの方法しか取れないと言ってますが、あなたが「遅い」とか「ステップを早めるように」と言うので、もっと要領のいい方法があるのかと思って…
いま、改めて考えてみても、このように理解できるようになってきたのは、この方法で進めてきたからこそではないかと思うのですが、そうではないのでしょうか。
自分がその理解にたどり着ける方法というのは、やる前から理解できるものではないので、迷うのも当然ではないのでしょうか?

内なる声 :当然というのであれば、当然として、あなたの理解を早めようとして行動すればいいのでは?
あなたは、「自分がどんなやり方をしていけばいいかわからない」と言って、まず悩んでいる。
同じ理解を得ようとするにしても、「悩むのは当然」として進もうとするのではなく、いちいち「どうしよう」とか、「大丈夫か」とか、どうしてそんなふうに考えるの?

ワタシ :う…うーん。
確かにそのとおりですが、初めておこなうことについて、こうして不安になったり、立ち止まったりしてしまうのは、いつものことなんですよね…。
「自分の納得いかないところにいくのは嫌だ」という気持ちもあるし、「自分はきちんと進めているかどうか」という不安があって、どうしたらそういう困った感じがなくなるのかは、わからないです。

内なる声 :つまり、あなたが言いたいのは、何かを始め、何かを仕上げるための不安などなくなれば、うまくいくってことなの?

ワタシ :そういうことではないけれど、あなたが言うように、進めるにあたって余計なことをまったく考えないようにするのは、難しいことです。
それが「余計なこと」なのかどうか、わからないからです。

内なる声 :あなたにとって、何が余計かというと、自分のやろうとしていること自体について、不安をもっていることではないかと言っている。
いつも思うのだけど、どうしてあなたがやりたいことをやろうとするたびに、これでいいのだろうかと思うことをするわけ?
あなたが「何をするのか」ということを考えているから、そうなる。
「何が見つかるのか」ということに焦点を当てていれば、「やっぱりこうしよう」と思うことなど、たくさん出てくるのでは?

ワタシ :うーん…そうですが、「やっぱりこうしようか」ということを考えながらやっていると、ちっとも進まず、どうするのが一番いいのかわからず、悩んでしまいます。
だからいつも、まず自分がどこにいるのかを理解しようとすることから始めてしまうのです。
今回でいうと、きちんと自分が聞いた話を理解してから、あなたの言わんとしているところや、足りないところを追求していくことを、順序を踏んでおこなうことしかできないと考えてしまう。
あなたは、「どんどん追加して話を聞いていけばいい」と言われますが、その原稿が増えるたび、あなたの話の全体の理解や把握が、遅くなるという感じになってしまいます。
だけど、現在のまとめ作業を進めているうちに、いろいろ理解が進んできたということは、順序を踏んでおこなってみたのが良かったからではないかと思う。
このまま進めていけばもっと見えてくると思うし、これ以外の方法というのはわからないのですが、毎回、あなたに言われるのは、私のそのようなやり方が、要領のいいものというわけではないということのように聞こえます。
どのように進めればもっと早くステップを踏んでいけるのか、他に方法があるのなら知りたいですよ。

内なる声 :いいかな?あなたにとって、その方法しか取れないということを最後まで言うのであれば、あなたのその方法におけるステップを早めるしかないとして考えればいいものを、あなたとは、常に自分のやり方とは違う方法のステップを求めているのではないかと言っている。
あなたはずっと、「この方法が一番いいと思っているが、もっと早くできないか?」と言っているのだ。
あなたにとってその方法しか取れないというその考えとは、どこから来ているの?

ワタシ :どこからというか、他に思いつかないのです。

内なる声 :では、なぜ、他にあるかもしれないと考えている?

ワタシ :それは…作業に時間がかかったり、まだ理解の及んでいないところを理解できるだろうかという、先の苦労についての不安があるからです。
もっと自分が「うまく進んでいる」という自覚と共に、満足のいく作業をしていけるのならそうしたいと思うのですが…

内なる声 :そうしようと思うのであれば、あなたのその方法において、そうできるようにするということをもっと考えてみて欲しい。
あなたの言う方法を、全否定しているのではない。
あなたにとっての方法というものが、満足いくようなところにもっていけばどう?
自分がやりたいことを追求しているのであるから、この方法の中、このやり方を変えてはならないということなどない。
最も自分に合った方法の中、もっと気に入るようになることを望んでやっているのなら、どうすることによって、「いま気に入っていない部分さえ改善できればいい」と考えられるようになるか。
いまの方法しか取れないと考えるのであれば、そのやり方の中に、工夫を入れていくしかないのでは?

ワタシ :はい。…こういう、自分に合った進め方というものに、正解というものなど、ないですよね。
だけど、そうして少しずつ改善していけるものだとすれば、いま要領を得ていないのも当然のことという考えで良いでしょうか?

内なる声 :良いのかどうのかと言うのなら、良いのではなく、いまあなたにできる仕事が、そのように納得いかないレベルにあるということなのでは?

ワタシ :・・・・・Σ( ̄□ ̄|||)!・・・・・
…そうですね…。( ̄▽ ̄;)
いまわかったけど、私はまだ、自分の納得いく仕事ができてないと言っているのですね…。
…悔しい…。
そうか…わかった。悔しいから、「他に方法があるのではないか」と考えているのだと、わかりましたよ…。
だけど、他の方法を知りたくて聞いているのではなく、自分が納得いくレベルに行きたいのだとわかったので、改善しながら、やっていこうと思います…。

内なる声 :そう。では、がんばって。
というワケで…
…..(;__)/| ずぅぅぅぅん
ガンバリますとも。ええ。
ε=ε=┏( ;_;)┛チクショウ

 
タイトルとURLをコピーしました