気軽にお話できるコース

秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ
私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするため、いろいろな企画を進めようとしています。

ワタシ :新しく開始する「対面による対話」についてですが、前回のブログで、「電話による対話」と異なる点をいろいろ説明することになるというふうにおっしゃっていましたよね。
いま、「対面による対話」のルールの説明ページをつくっているのですが、「電話による対話」とは異なる部分について、教えてください。
φ(´・ω・`)

内なる声 :電話は見えないが、対面では見える。
それは、わかる?

ワタシ :見えるというのは、私とご相談者の方の話ですよね。
あなたは、どちらにせよ見えないわけですし・・・
φ( ̄^ ̄)

内なる声 :見えるというのは、あなたのことだよ。
あなたの中に、私が見えるだろう?

ワタシ :うーん・・・まあ、そうかもしれないですね。
「対面による対話」に来ていただくと、「本当に、通訳しているんだなぁ」とわかる姿は、見えますよねきっと。。。
φ(・ω・ )

内なる声 :だから、電話よりもわかりやすいんだよ。
あなたが話している内容を聞いて、ちゃんと私が話しているとわかる。

ワタシ :だけど、他の情報もたくさん見えると思うので、、、電話のほうが集中してお話を聞けるのではないでしょうか?

内なる声 :集中か。
皆、どっちにしろ集中して話を聞くことにはなると思うけど。

ワタシ :・・・そうだ、以前から考えていたことですが、「対面による対話」がわかりやすいとおっしゃるのであれば、もっと気軽に遊びに来ていただく感じにするのはどうかと思うのです。
例えば、お茶を飲んであなたとお話したい人とか、用事で近くに来る人とか、たいした悩みはないけどもっと良くなりたい人とか、いまの状態がどうなのか聞いてみたい人とか、この先どうするのがいいのかなとか・・・

内なる声 :この先、どうするのかを決めて欲しい人に話をするの?

ワタシ :うーん、そういうわけじゃなくて、、、
あなたがおっしゃるように、皆、気軽に来ていただいたとしても、集中して話を聞くことになると思うのですが、敷居の高さを払拭したいのですよね。
もっと気軽に来ていいのだと思っていただけないかと・・・
メールや電話と異なる点としては、「お会いしている」とか「行動している」という実感ができることじゃないかと思いますし・・・

内なる声 :気軽に話をしたいの?

ワタシ :はい。そういう方も多いんじゃないかなと思うのですが・・・

内なる声 :いいよ、では、こうしよう。
説明ページにこう書く。
「対面による対話」では、お話の内容によって、時間を制限しています。
「気軽にお話コース」
特にお悩みがあるわけではない方にも、将来のことや現在の物事の進め方について、見直す機会にしていただくことができます。
時間としては、30分から45分程度、お話いただくことができます。
「お悩みご相談コース」
現在のお悩みをじっくりご相談いただくことができます。
非常に深刻なものから、軽いご相談まで一緒に前に進む方法を考えていくためのコースです。60分から90分程度。

ワタシ :ははあ、なるほど。。。φ( ̄〇 ̄;)
お話の時間で、コースを判断するわけですね。
これは、「気軽にお話コース」のほうの金額を少なく設定するということですよね。

内なる声 :金額を決めるのは、後でもいい。
とにかく、他のことも考えてみよう。

・・・というワケで・・・
「対面による対話」を再開するにあたって、もう少しいろいろな案を考えてみます。
ではまた次回~(⌒▽⌒)ノ

 
タイトルとURLをコピーしました