表現をするということ

秋元ユキ
秋元ユキ
いい気分ドットコムの秋元ユキ(@yuki_i_kibun)です。
スピリチュアルな存在との対話の更新です↓

秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ
私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするための説明マンガを描くという企画を進めようとしています。

ワタシ :いや~タイヘンタイヘンタイヘン。
説明マンガを描くのって、なんて難しいんでしょ~う~!
(」゜□゜)」

内なる声 :ははは。やっと気づいたの?

ワタシ :ええ~~~?∑(・ω・;ノ)ノ
なんでスかそれ。
あなたは、こんなに難しいということを最初から知ってたのですか?

内なる声 :そりゃあ、そうだよ。
表現をするということが、簡単なわけがないだろう。

ワタシ :表現をする・・・!まさにそうなんです。
自分の言いたいことを、皆にわかりやすく表現しようとするのって、なんてなんて難しいのっっ!
(/・_・\)

内なる声 :それで、描けたの?

ワタシ :あ、ハイ。一応これを・・・
(画像は削除されました)

ワタシ :2週間かかって、描けたのはこの一枚だけです。
しかもこれ、何度も何度もセリフを直して、あなたにも相談してアドバイスをいただいて、やっと描けたんです。
どんどん描いていこうと思ってたのに、これは先が思いやられるなぁ・・・
φ( ̄^ ̄:)

内なる声 :何がそんなに難しいのだと思う?

ワタシ :・・・うーん、そうですね・・・
まず、「何が言いたいのか」を、明確にするのが難しい。
それから、「どうすればできる限り誤解なく伝わるのか」というところを考えるのも難しいし、「わかりやすく・単純にお伝えする」のも難しい。。。
φ( ̄ω ̄;)

内なる声 :あなたは、何を中心に考えているの?
自分が何を表現しようとしてるのか、わかってるの?

ワタシ :何を表現しようとしてるのか・・・?
・・・それは、あなたのことだったり、私の考え方や状況であったり、個人サポートの説明であったりすると思うのですが・・・

内なる声 :表現をするときに、「何を表現したいのか」を二つ以上のものにしている時点で、あなたは表現ができていない。
つまりそれは、「わかりやすいもの」にはなっていない。

ワタシ :・・・そっ、そうでスか・・・
(´・ω・`)ションボリ
たしかに、たくさんのことを説明しようとしているものになってしまいましたね。。。

内なる声 :まあ、これはサイトの活用法ということなのだから仕方ないにしても、これからどのように表現するべきかを悩むときには、何を表現したいのかを一つに絞ることだね。
それから、あなたは一人で考えるのではなく、やはり私と共に「言いたいこと」を考えていったほうがいいと思う。
なぜなら、あなたが言いたいのは、私のことだからだ。
私が何を言いたいのかを説明したいのなら、あなたは私にセリフを言わせるべきだよ。

ワタシ :そうなんですよね・・・
上記のマンガも、最初は一人でしゃべっているだけのものだったんですけど、なんかおかしいなあと思って、あなたに相談してセリフを考えていただいたんですよね。。。
私は「内なる声」の説明をしているのに、なぜ一人でしゃべっているのかと言われて・・・

内なる声 :つまりあなたは、あなたが一人でないということを説明するべきなのに、矛盾している。

ワタシ :そうなんですよねー。

ムキーっ難し~い~~~っっ!!
o( ゚∇゚; )o

内なる声 :まあとにかく、これからきちんと話し合っていこう。
何を表現したいのかというところを、相談していけばいいじゃないか。

ワタシ :そうですね・・・
よろしくお願いします。。。
・・・というワケで・・・
思ったより時間がかかりそうですが、なんとか描いていきたいと思います。
表現をするというのは、難しいのですが、やはり楽しいですね。
「自分の言いたいことを表現する」という作業には、たまらないものがあります。
「見ている人」のことを、一生懸命に考えています。
よろしければまた、マンガ見に来てくださいね!
ではまた、次回~。(⌒▽⌒)ノ

 
タイトルとURLをコピーしました