「わかる」ということ

秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ
お盆休みは、いかがお過ごしでしたか?
私は、あいかわらず、お仕事&書籍づくりのための対話でしたが、有意義に過ごしておりましたよ。
というワケで、「内なる声」との対話の更新です。
※私は現在、「自分」のことや、ハイヤーセルフのことについて、わかりやすく表現した書籍をつくるということを進めています。

ワタシ :お盆に、たくさんお話をしましたね。
お話しているうちに、疑問に思うところがたくさんでてきたし、また収集がつかなくなるかなと思ったのですが、最終的にはなんとなく、「足りない足りない」と思っていた気持ちが少なくなったようにも思えました。
まあ…考えていても仕方ないし、とにかくこのまま進めます。

内なる声 :うん。私は、あなたの考えを見て、あなたに必要になることを教えてきたけれど、よくそこまで理解できてきたなと思う。
あなたの考えは、変わってきているよ。

ワタシ :えっ ∑(・ω・ノ)ノ
そ…そうですか…。
いやー…そんなことを言っていただけるとは…
じゃあ、この書籍を読む人も、変化を期待できるものになりますかね…。
そうか…。早く完成に向かわないと。まだ、これからですものね。

内なる声 :うん。でも、もう書くということをすればいいのだから、あとは作業の問題では?

ワタシ :はー…(’o’;)?
そうですか…ね。早く目処が立てれるといいですけどね。

内なる声 :では、あなたが、よくわかってきたところに何が起こっていくのか、それを楽しみにしてごらん。

ワタシ :えー…?(゚Д゚;)
そんなに理解が進んでいるのでしょうか?
どぉーしたんですか、急に???
私はずっとお話を聞いて、同じような作業をしてきているので、そんな自覚がないのですが…何がそんなに変わりました?

内なる声 :あなたの理解は、ポンと変わっているのではなく、徐々に徐々に変わっているのだよ。
それを見ていた私は、もう、わかってくると思っている。
その理解すべきことにおいて、あなたが求めている理解を得ていると思う。もちろん、これがすべてではないけれど、あなたにとって必要になる基礎はできるということ。
だから、これから、あなたが何を理解したのかわかっていく。
つまり、書籍の完成に向かうということ。
それが、あなたの目的だったのでは?

ワタシ :はい…(゚_゚;)
でも、これまでなかなか進まず、難しかったのですが…。
あなたに、足りないところを聞いていくことで、完成に向かう状態に導かれたということですか…?

内なる声 :そう。早く完成のことを考え、進めてほしい。
もう、できると思う。

ワタシ :そ、そ…そうですか…。(@_@;)
ま、まあ、確かに以前より、筆は進むようになっていると思います。
何が書きたいのか、自分がわかってきたからかもしれませんよね…。
自分の理解って、自分ではっきりわからないものなんですかね。

内なる声 :そうだよ。あなたの理解が進んでいるとき、それはわからない。
だけど、あなたの理解が進まないとき、それがわかる。
そうではない?

ワタシ :理解が進んでないときは、自分でわかりやすいですよね。でも、「進んでいるとき、わからない」というのは、なぜなんでしょう。

内なる声 :わからないのは、あなたが自分と向き合って進んでいるから。
自分の理解すべきところが、わかっているから。
そういう理解についての、困るところがないから。
そうだとして、あなたが立ち止まる理由がないから。
その考えを、「わからない」ということに費やす理由もない。
だから、「わからない」ということは自覚しやすく、「わかる」ということは自覚しにくい。

ワタシ :はーなるほど…。( ̄□ ̄;)
自分の考えって、そんなふうにできているのですね…。
ヨシ…じゃあ、がんばろう…。といっても、まだまだ時間が必要なのですが、このブログの対話では、これから何を話していけばいいでしょう?延々と、読者にとってわかりにくい進捗についてお話していくのもどうかなーという気持ちがあるのですが…

内なる声 :別に何でもいいのでは?制作を急ぎながら、話をしていこう。

ワタシ :わかりました。
では、これから、がんばってもっと進んでいきます。

内なる声 :うん。では。
…というワケで…
ここにきて・・・はじめて・・・

理解できてきたと言われた~~~~~っっ!!
。゚

(((p(T▽T)q))) チョットキイター? ゜。
・・・失礼。
あまりにこれまでになかった展開だったので、超スパルタ鬼コーチに、はじめて褒めてもらったかのようなうれしさでしたわ。
C=( ̄- ̄*)フゥ~~~ッ
ヨシ。がんばるゾと、すっかりごきげん。
ではみなさま、また来週!
ε=ε=┏( ;´∇`)┛デヘヘヘヘヘヘ