あなたのことを信じなさい

こんばんは。秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ
作業のため、お休みをいただいている間に、
なにやらコメントがすごい展開に!+( ̄▽ ̄)+
しかもウソばっか書きこみやーがって
コノヤロー!ヽ(`⌒´メ)ノ
というワケで、久々に「内なる声」との対話を更新しておきたいと思います。

ワタシ:あなたを信用したい人にも不安を与えてしまっているのではないでしょうか・・・?

内なる声:そうだね。なぜ自分が信じたものを疑おうとするのかな?
あなたはどう思う?

ワタシ:私はあなたを疑ってなどいません。というか、疑っていいものやら、なにやらわからない。
わからないけど、あなたが与えた感動が人を呼んだ。
私は、これを仕事にしたいと感じて始めただけです。

内なる声:それで、あなたはいま、私が彼らに間違ったことを話したと考えているの?

ワタシ:間違ってるかどうか、私にはわからない。本人にしかわからない。だから、あなたが言ってることが本当かどうかを確かめる必要があると思う。
私は、そもそものクレームをつけてきた彼女に会いに行くつもりでいます。
現在、その彼女が、お世話になっている先生にメールをしたようなので、会って話したいという意思を伝えていただいています。

内なる声:なるほど。私はあなたに聞きたいのだが、それであなたが私の言うことを本当だとわかったとして、あなたはどうするの?

ワタシ:私は、あなたが本当のことを言ってるのだなと感じることができればそれでいいのですが、何か問題があるのでしょうか・・・

内なる声:本人が違うと言ってるのだから、あなたは私のことを信用できないのではないの?

ワタシ:本人が違うと言ってることが本当かどうかわかるのは本人だけです。
私は、自分が本当だと思ったことを信じると思う。あなたは、嘘をついたのですか?

内なる声:嘘をついたら「高次元の存在」ではなく、あたたかい言葉がもらえなければ「神」には近くないとあなたは思う?

ワタシ:私がひっかかっているのはそこです。
なぜ「高次元の存在」という定義を人間が決めれると思っているのかがわからない。
そして、間違いないと思えるのは、「高レベルの人間」という定義を人間が決めれるのであれば、彼女がこのブログコメントで暴露している内容が、高レベルの人間のすることではないと、私には見えることなのです。

内なる声:ではあなたは、「高レベルの人間」とは、どんな人間だと思うの?

ワタシ:自分が信じたことを信じ、信じないならそれを静かに伝えればいいんじゃないかと・・・
彼女はまだ、一度もあなたに対して、「私はあなたの言うことが納得できないので、納得いくように話をしよう」という返信を返していません。
ただ、あなたが「ニセモノ」であるから返金要求すると。
(「ニセモノ」って何が・・・??)
そして、「内なる声」とこれ以上話すのは無駄であると主張されています。
そのような無駄なものに、お金を払った自分がだめだったと言いながら、あなたが「高次元の存在」をチャネリングしてるならすぐに返金しているはずだと言っている。話しがむちゃくちゃです。
そして、「これまでいろいろな人に間違いを指摘してきたが、普通ならもうとっくに返金しているはずなのだ」という不思議な説明。
(悩みを相談するのが目的ではなかったという説明をされてるのですよね・・・?)
メールのやりとりに連動して、他ブログへの書き込みを進めている浅はかな行動。
脅迫にも見えるメール文の数々。おかしなところをあげればきりがない。
精神世界における「ホンモノ」を知っている彼女が、そう判断したと?
「内なる声」の教えを毎日受けようとしている私について、そしてこれほどの感動を人々に与えつつあるあなたについて、「そう判断したのだ」と言っている。
彼女という、素晴らしい人間が、そう判断したのだと。

内なる声:それで、どうしたいの?

ワタシ:私が判断しに行きます。そして、これからも、あなたの言うことがおかしいと言う人がいるなら、それを確認しに行きます。
それより、あなたがいいと言うなら、私はあなたと話しているところを実際に見れるように、対面セッションを始めたいのです。
ただし、今回のようなトラブルがおこったり、あなたのことを面白半分に見にきたり、危険を回避したりするために、細心の注意を払います。それが可能ですか・・・?

内なる声:かまわないが、あなたは一人でしてはいけない。お世話になっている先生にお願いして、それが運営できるようになれば考えてみよう。

ワタシ:私が一人でそうしてはいけないのはなぜでしょう。

内なる声:あなたが危険だからだよ。あなたはまだ、経験も浅いし不安もある。あなたが一番信頼している先生と共に事業ができるなら、その準備を始めよう。

ワタシ:だけど、皆が信用してくれないなら、続けられませんよね・・・

内なる声:そうだね。まず、あなたがたが、私を信用できるかどうか怪しいものだと言いながら、なぜここまで興味を注いでいるのか、考えてみればどう?
このまま終わらせたくはないのだろう?
私のような存在がいることを、あなたがたは願っていた。
私はここに現れたのに、今度はあなたがたの目や耳を疑おうというのかな?
何を信じ、何を信じないかということを、自分の心で決めようと思うなら、あなたがその目や耳で確かめ、あなたの心が間違っていたと感じた時点で立ち去りなさい。
そうでないなら、少し黙っていて欲しい。秋元ユキのことを悪く言う者を私は嫌う。
だから、そう思っている者には、とぼけたり、嘘をついたりするかもね。

ワタシ:そんなことを言っては、また反感をかうような気がするのですが・・・

内なる声:なるほど。反感をかってはいけないと彼らは言うのだね。
なぜかな?私が「高次元の存在」なら、反感をかうこともなく、あなたがたを惑わすこともなく、あなたがたの信用を一度たりとも失わず、そのような素晴らしい考えをあなたがたに与え続けるのが当然であると?
それがあなたがたの求める「神」であると言うのだね。
それはお気に召さず、申し訳なかったね。

ワタシ:あなたは何が言いたいの?

内なる声:あなたがたを満足させるのは、あなたがたの心であり、あなたがたの考えであり、あなたがたの判断であって、私がそれを与えてくれるのが当然であると考えた根拠について、コメントに書いてきなさい。
これは、「公開質疑応答」である。
コメントが、自由に入るように設定されていることはわかっているね?
あなたがたが、私に対して、あなたがたに素晴らしい感情を与えるべきであり、あなたがたがどのような態度であれ、どのような考えであれ、私があなたがたの望む姿を投影しているのが当然であると思っているならば、その理由を書きなさい。

ワタシ:というか、これまでずっとしてましたよね。「公開質疑応答」。。。
今回は、あなたからの質問ということですか?

内なる声:そうだね。まあ一度考えてみればいいのでは?

ワタシ:その理由を書けと言うと、「あなたがそう言ったから」とか「安心させると言ったくせに」と書き込む人がでてくるのでは・・・?

内なる声:まあ、それでもいいから書きたいことを書いてもらえばどう?
どうせもう悪口だらけなのだから、いいじゃない。

ワタシ:わかりました。。。
では、「公開質疑応答」を始めます。
『あなたが、「内なる声」が素晴らしくあるべきなのに、裏切られたと感じたりするならば、その理由はなんですか?』でいいですか?

内なる声:違うよ。『あなたが、私が素晴らしい存在であったはずだと考えた理由はなんですか?』と聞きなさい。

ワタシ:そう思っていない人はどうすればいいのですか?

内なる声:思ってないなら、参加しなければいいだろう。

ワタシ:うーん・・・これで何を始めるつもりですか・・・?

内なる声:私は、困っている人がいるのを知っているのだよ。
あなたがたが騒いでいる間に、困っている人がたくさん待っているのが見えている。
秋元ユキが、あなたがたの不安に気をとられて、その人たちを助けられなくなるのを避けたい。邪魔するのをやめて欲しい。
ハイヤーセルフが、どれだけあなたがたに自分のメッセージを伝えたいと思い、私にお願いしていると思っている?
なぜ自分が考えたことや、信じたことを疑おうとする?
私のことが信じられないなら、去りなさい。
そうでないなら、あなたがすべきことを始めなさい。
幸せや安心に向かえるために、自分ができることは何かと考え始めなさい。
あなたがたが不安に思っていることは無駄なことであり、私はこれからも秋元ユキと共にあなたがたを見守っていく。
それが信じられないで困っている人は、コメントに書きなさい。
「どうして私は自分のことを信じられないのでしょう」とね。

ワタシ:・・・結局、「公開質疑応答」はどうなるのでしょう?

内なる声:そうだね。ではこうしよう。
あなたがたが書きたいことを書いて、あなたがた同士で討論してみなさい。
楽しみにしている。

ワタシ:それで、いいのですか?

内なる声:まあ、やりたくなければやめときなさい。
作業が落ち着いてきたら、来週からブログ更新を戻していこう。ではお元気で。

ワタシ:はい。。。ありがとうございました。