体験記まんが2009年ー話をしたくない

体験記まんがの更新です。スピリチュアルな存在との対話が可能になり、個人サポート『人生を変える対話』を提供するようになった、自身の苦悩と感動の日々を描くドキュメンタリー作品です。


 

 

 

 

ワタシ :ハイ・・・というわけで、、、
体験記まんが連載、第24話・・・

まあ、身体が疲れると、考え方が病んできますからね。
全力疾走というのは、それしか一番近い表現がないだけで、全身からエネルギーを吸いとられたかのような独特の疲れです。
それに肩周辺の不調が加わると、本人としては非常に賛同できない不安な精神状態になるわけで。
だけど、起こっている出来事としては、客観的に面白いネタなので、それを公表してしまうんですよねぇ・・・
φ(;¬ω¬)

内なる声 :何が問題なの?

ワタシ :え?問題ですか?φ( ̄ω ̄;)
問題は、、、現実主義で懐疑主義の私を使って、スピリチュアルな存在が何かしようとしていることじゃないですか(笑)
私じゃないほうが、すんなりいくでしょうに。。。

内なる声 :まあ、懐疑的なのは悪いことではない。

ワタシ :ええ?あんなに、「信じて欲しい」って言ってたのにですか?

内なる声 :信じて欲しいと言うのは、疑うと知っているからだろう?
疑わない人には言わない。

ワタシ :な、なるほど。
あのしつこい言葉は、そう言ってても疑うことを見通しての。。。
∑(・□・ノ)ノ

内なる声 :いまごろ気づいたの?

 

というわけで、、、どうなることやら
次週に続きます。

「体験記まんが」だけを最初からお読みになる方はこちら

『人生を変える対話』では、あなたのハイヤーセルフのことを踏まえた、適切なアドバイスを受けることによって、これまでになかった発想と、考え方を変えた自分自身に出会うことができます。
公式ガイドコミック15ページも、読んでみてくださいね!

ではまた来週~。(⌒▽⌒)ノ