1番快適!いい気分ドットコム〜毎日がどんどん楽しくなる秘訣〜

難易度:★★☆☆
 5分でいい気分になれる講座
  〜イライラ・ゆううつ・苦手な人にさようなら!〜
読めばわかる。本当に「いい気分」になれる方法。


〜毎日がどんどん楽しくなる秘訣〜

早わかりガイド





3つのメイン・コンテンツ





最新のお知らせや、さまざまな
アドバイスを毎月無料でお届け!

メルマガ購読
万事良好!もう「いい気分」で
いることを忘れない!
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

スピリチュアルな存在との
対話記録ブログはこちら
個人サポート・システム
人生を変える対話

― あなたの心を
  安心に導く質疑応答 ―
スピリチュアルな存在と、
「ホンネで」
対話してみませんか…?


現在の頭の中にはない、
新たな考えを理解するために。


   いますぐ詳細を見る

つらいとき・苦しいとき・
「困っている」と感じるとき
に開けば、楽になれる本。
管理人の著書
セルフより愛を込めて
「自分」を理解したいあなたへ―
まずは立ち読み↓↓
説明ページを見る


日々、「いい気分」を
感じることができるように
なりたいあなたへ。

管理人のKindle本
「いい気分」を
目指す人が読む書籍
Kindle Unlimited:読み放題対象



「いい気分」おススメ館
「いい気分ドットコム」がおすすめする書籍や参考文献の他、毎日が楽しくなるアイテムなどをたくさんご紹介!
随時更新中!






 頭の中を覗いてみよう
「気分」が良いときの頭の中


「気分」が良いとき、そして「気分」が悪いとき、
私たちの頭の中は、どのような状態になっているのでしょう。

ここでは主に、リチャード・カールソンの著書を「教科書」にして、オリジナルのイメージ図を用いてわかりやすく説明していきます。


下記は、リチャード・カールソンの著書楽天主義セラピー」 から抜粋した、「思考」のしくみについて書かれた一文です。

「驚くべきことに、人は湧いてくる思考について、ほとんどコントロールできません。

まるで思考が心の中に、でたらめに現われてくるかのようです。

思考に対するコントロールは、思考が形成されたあとにはじめて出てきます。

思考が形成されたあとでなければ、その思考を考え続けるか、流れ去るままにしておくかの選択はできないのです。」



私たちは、日に5万以上もの「思考」を生み出しています。

頭の中で、次々と「思考」が湧いてくるのを感じることができます。

確かに、湧いてくる「思考」をコントロールすることは、できませんね。


私たちはまず、自分の意思ですべての「思考」をコントロールすることができないのです。


「思考」が形成された後、私たちが何もしなければ、「思考」は流れ去ってしまいます。

ここでも、私たちは自分の意思で「思考」を捨てているわけではありません。

私たちが何もしなければ、「思考」は勝手に現れて、勝手に消えてゆくのです。


次々と湧いてくる「思考」を、次々と捨てているとき、
「思考」は<自然本来の働き>をしています。


実は、私たちが、湧いてくる「思考」を自然に流れるままにしている状態のとき、つまり、「思考」を生み出しては捨て去るという作業を続けているとき、私たちの「気分」は、とても良い状態になるのです。

この状態を図解してみると、下図のようになります。




図のように、「思考」が<自然本来の働き>をしているとき、
私たちは「すべてがうまくいっている」と感じ、「気分」の良い状態になれます。

あなたが、頭の中で、「何もしないでいる」状態のとき。
それがあなたの「気分」が良くなる状態です。


なんと、次々と生まれてくる「思考」を流れ去るままにしてさえいれば、
私たちの「気分」はとても良く、ストレスを感じることはなかったのです!



・・・しかし、私たちはそう簡単には「思考」を流れるまま放っておくことができません。

何か行動するとき、私たちは常に「頭をつかって」考えているからです。

次項で詳しく見ていきましょう。


  超図解!頭の中を覗いてみよう
   「考えている」ときの頭の中


  参考文献一覧を見る

講座と同じ内容のメールが、毎日1通ずつ届く!!
「いい気分」ガイドレターのご登録はこちらから!


あなたのお声を、トップページに掲載させていただくための
「読んだよボタン」フォーム
が、各ページの一番下にあります。


難易度:★★☆☆
5分でいい気分になれる講座
〜イライラ・ゆううつ・苦手な人にさようなら!〜
はじめに
   ストレスは「思考」から生まれる
   ストレスをなくすと決意する
   関心を向ける対象を変える
   「いい気分」を目指す理由を知る

5分で気分が良くなる対策
   問題を「解決しよう」とするのをやめる
   「気分」が悪いなら「思考」にウソがある
   「思考」の中のウソを発見してみる
   「いい気分」になれそうなことをする

超図解!頭の中を覗いてみよう
   「気分」が良いときの頭の中
   「考えている」ときの頭の中
   「気分」が悪いときの頭の中
   「いい気分」になれる頭の中

新しい習慣へ
   「いま現在」の瞬間を100%生きる
   「考え方のクセ」を変える
   すべてはうまくいっている
   何もしなければ雨はやむ
   常に「感情」に注意を払う
   「いまは考えない」という選択
   静かなる情熱を心に抱く
   「思い出す」という不断の決意

「苦手な人」にさようなら
   自分を認めて尊重する
   「ありのままの自分」に戻る
   すべての人に自由を認める
   苦手な人が消えない理由
   あなたを困らせる人の心理
   人生を変える「賢者の選択」
   「嫌いな人」にさようなら
   「許せない人」にさようなら
   「苦手な人」にさようなら

前に進むために
   「最終目的」を決定する
   目的達成への最短距離
   ポジティブな「選択」とは
   自分自身への「言葉がけ」
   ネガティブな感情に居場所を与える
   まず「成功」をみつめよう

さかさまの答えを見つける
   さかさまにしか答えはない
   「いまできること」をはじめる
   「不愉快の螺旋階段」を抜ける
   「あなたらしくある」ということ
   「あなたらしくない」ことをやめる

「つらい」理由を理解する
   なぜ「つらい」と感じるのか
   まず「感情」をおさめてやる
   「排除しよう」とするのをやめる
   「つらくなくなる」方法をみつける
   「つらい」と感じる時間を減らす
   「わからない」のがあたりまえ
   ほんの「ちっぽけ」な自分

自分の道を切り開く
   あなたが「理解できる」こと
   何を「困っているか」ということ
   あなたが「信じる」ということ
   「最後まで信じる」ということ
   「最善を信じる」ということ
   「OKを出す」ということ
   「見守りながら放っておく」こと
   「自分のために起こる」ということ

自分を救うために
   「自分を愛する」ということ
   「自分を大切にする」ということ
   「自分を救う」ということ
   「自分にお願いする」ということ
   「助けるほうの自分になる」こと
   「助けようとする自分を信じる」こと

進みはじめよう
   「自分を前に進める」こと
   進みはじめれば道は見える
   問題は「現在の思考」にある
   納得のできる「選択」をする
   我慢を「選択」するのをやめる
   心を満たすことを「目的」とする
   「はじめること」を迷わない
   「問題」があるからこそ進む

覚えておきたいこと
   朝の理想の目覚めを考える
   1日のはじめの「思考」を整える
   「思考」に対する「方針」を変える
   「どうなるのか」をみようとする
   解ける「問題」から解きはじめる
   「発想の転換」をしようとする

★この続きは・・・コンテンツ内容や
オリジナル情報が、いち早く読めるメルマガで!
メルマガ(無料)にいますぐ登録! ID: 280834
万事良好!もう「いい気分」でいることを忘れない!
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
読むだけで毎日がどんどん快適で「いい気分」に変わっていく!

いい気分ドットコム
トップページに戻る





著書『セルフより愛を込めて』の説明ページを見る

「読んだよボタン」を、押してみませんか?
当サイトの内容をお読みいただきまして、ありがとうございます。
管理人の秋元ユキです
あなたのご意見・ご感想・ご要望などを、お気軽に
書き込んで、「読んだよボタン」を、押してみませんか?
楽しみに、お待ちしております。。。
       
「読んだよボタン」 入力フォーム
*お名前
*メールアドレス
*コメント欄
性別   
年齢  10代 20代30代 40代50代 60代以上
ご訪問の回数状況を選択してください。
このサイトをいつ頃・どのように知りましたか?

*この内容を、公開させていただいてもよろしいですか?

*は、必須項目です。
   

※個人的なご相談・ご質問に対する回答をご希望の方は、
個人サポート・システムを、ご活用くださいますようお願い致します。

「読んだよボタン」フォームは、全コンテンツ・ページの一番下にあります♪

いい気分ドットコム
トップページに戻る






























いい気分ドットコム 読んだよボタン